忘年会の出し物は、このネタをやれば大丈夫!!2014年版!!

年末が近づくと、「忘年会」が催されます。

忘年会は若い社員にとっては、飲めて楽しいけれど、1つ辛いことを経験しなければなりませんよね。

そう、それは・・・

出し物

このネタを探し、仕事終わりに練習をし、本番はすべらないことを祈りながらやるのは、とっても辛くて難しいですよね。

特に、ネタを探すのが大変!

ここでつまずくと時間だけが過ぎて、いつのまにか忘年会間近ということもあります。

少しでネタの参考になるものがあれば、早いうちから練習が出来て、時間を有効に使えるのに!

ということで今回は・・・

忘年会での出し物のネタは、コレで決まり!!

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

2014年の流行を取り入れる

大定番としては、やはり流行ネタを入れることです。

一番簡単にネタを探せますし、みんな知っていますから、下手なことをしない限りはすべることはないでしょう。

では、定番の出し物ネタを紹介します。

アナと雪の女王

今年一番の話題っと言っても過言ではないです。

映画もさることながら、やはり主題歌ですよね!

「let it go」は流行りに流行りました。

コスプレをして、大熱唱すれば盛り上がること間違いなしでしょう!

あとは、「とびら開けて」という挿入歌ですね。

アナとハンスが二人でミュージカルのように歌うのですが、これを男女でやって投稿することが流行りましたよね。

男同士でもいいですし、男女でもいいので、2人でその場でやってみたらいかがでしょうか?

東京エレキテル連合

お笑い界で一躍話題の的となった日本エレキテル連合です。

「ダメよ~、ダメ、ダメ」が流行りましたよね!

そのまんまネタを真似することもアリだとは思いますが、そこは少し手を加えたほうが盛り上がりの度合いが違います。

例えば、会社の特徴を入れてみる
「〇〇してもいいじゃないの~」の〇〇をその会社ならではのことに変更です。

もちろん返しが、「ダメよ~、ダメ、ダメ」になりますから、してはいけないことにすると良いでしょう。

もう1つあげるとしたら、「上司をいじる」でしょうか。

これは勇気が入りますし、無礼講でないといけません。

さらに、踏み込み過ぎないようにしなけれないけません。

あまりオススメはできないですね(笑)

どぶろっく

「もしかしてだけど~♪」のフレーズで、かなりブレイクした芸人さんですよね。

このネタを真似しちゃいましょう!

そのままネタを真似てもいいのですが、これでは女性社員にひかれる可能性もあります。

ですので、これも日本エレキテル連合と同じように、会社の特徴を含めると盛り上がるのではないでしょうか。

同期の社員をうまく利用していじれば、かなり面白くできるネタだと思いますよ!

しかし、これには歌唱力が必要となりますので、自信がない方は避けたほうが賢明かもしれません。

<スポンサードリンク>

踊りで盛り上げる

これも定番になっているでしょうかね。

ダンスで場を盛り上げちゃいましょう!

しかも、ダンスってかっこいいから女性社員にモテるかも!?

では、簡単に踊れるのに盛り上がるものを紹介します。

ようかい体操第1

子供の間で、急激に人気の高まったアニメ「妖怪ウォッチ」のエンディング曲です。

このようかい体操第1を踊って動画を投稿したことで、これを踊る人がどんどん増えていきました。

そうとう流行っていますので知らない人はいないでしょう。

オリジナリティーがあったほうが面白いのですが、きっと覚えて踊るだけでも盛り上がると思います。

振付もそんなに難しいわけではありませんので、1週間もあれば覚えることができるでしょう!

かっこよさはあまりないので、女性からモテるかは微妙なところですが、面白いのでモテるかもしれません!(笑)

あとは、エグザイルや、マルマルモリモリなどがありますが、その時に流行しているものを持ってきた方が、場は盛り上がると思います。

簡単なゲーム

準備も練習も簡単にできます。

しかも全員を巻き込んで出来るのでみんなで盛り上がれます!

この写真は誰でしょう

若い時の写真をみんなから提供してもらって、それを映しだし、誰かを当ててもらうゲームです。

写真を集めることがちょっと大変ですが、若い時を知れるので、盛り上がること間違いなしでしょう!

イントロクイズ

これも定番になっていますかね。

簡単にできて盛り上がるゲームです。

しかし、曲を探すのが大変ですよね。

忘年会は、参加者に歳の差がかなりありますので、うまく両方がわかる曲を入れていかなければなりません。

まとめ

ここまで、思い浮かぶ範囲で上げていきましたが、どれもそれ相応のクオリティがなければいけません。

会場全体が盛り上がるようにうまく配慮して、出し物を披露するように心がけてください。

そうしないと、しらけてしまったり、一部だけで盛り上がってしまうことがありますからね!

僕は、忘年会で出し物をしたことはありません。

ですが、これからあるかもしれないので、流行に敏感でいようと思いました(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。