やりたいことが見つからない、分からない人が、やりたいことを見つける方法。

こんにちは、しょうです。
 
いつも当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
 
様々な媒体で今の若者は「やりたいことがわからない人が多い」と言っています。
 
かくいう私も、その一人でした。
 
自分が何をやりたいのか、全く分かりませんでした。
 
しかし、今は頭の中がやりたいことだらけで、何から手を付けるべきなのか分からなくなる時があるほど、やりたいことを見つけることに成功しました。
 
そこで、やりたいことがわからないという人に向けて、やりたいことを見つけられる方法を紹介しようと思います。
 
今回は・・・
 
やりたいことがわからない人が、やりたいことを見つけられる方法
 

<スポンサードリンク>
 

やりたいことが分からない人が、やりたいことを見つけられる方法

私がやってみて、効果のあった方法を紹介していきます。
 
しかし、万人に効果があるわけではないと思われます・・・。
 
そこはやはり個人差が出てしまうので。
 
でも、実行してみないと分からないので、一度試してみることをお勧めします。
 
では、早速紹介してきましょう。
 

1.すごいなと思う人の自伝や遺伝を読む

世の中、多くの人が自伝や遺伝を残してくれています。
 
古くは戦国時代の武将から、スティーブ・ジョブズまで、本当に多くの人が自伝や遺伝を残しています。
 
彼らの自伝や遺伝があるということは、それだけ世の中に名の残ることを成し遂げたということです。
 
彼らの生き様や、どのようにしてその道へ進んだのか、なぜその道を選んだのか、挫折や苦労・不安はなかったのかなど、名を残すまでの軌跡を知ることができます。
 
軌跡を知ることで、やりたいことを見つけるアイデアを知ることができたり、やりたいことを見つけるためのマインドコント―ロールなどを学びとれるのです。
 
今まで考え付かなかった方法で、自分のやりたいことを見つけられることでしょう。
 

2.自分の子ども時代を振り返る

子どもって、自由で積極的で怖いもの知らずですよね。
 
だんだんと大人になるにつれ、自由の無さを知り、面白いと思ったことでも行動できずに、心の中にとどめてしまうようになっていきます。
 
そこに陥ってしまうと、自分のやりたいことが見えているはずなのに、やりたいことがわからない状態になってしまうのです。
 
そこで、一度子ども時代を振り返ってみましょう。
 
子ども時代を振り返ることで、
 
  • 自分がどんなことに興味を持っていたのか
  • 何が好きで、何が嫌いだったのか
 
といったことを客観的に知ることができます。
 
この情報は、自分が何をやりたいのかを知る大きな手掛かりとなるのです。
 
子ども時代に興味や関心を持っていたことならば、今でも必ず惹かれているはずですし、好きなこと嫌いなことをハッキリとさせることができます。
 
これらを知ることで、数多の仕事の中から自分がやりたいことを見つけられたり、新しく起してみたいことを見つけることに繋がります。
 
子ども時代を振り返るには、
 
  1. 親に聞いてみる
  2. 小学校の時の卒業文集を読んでみる
 
といったことが効果的だと思います。
 
私も小学2年生のときの担任が残してくれた学級だよりの冊子を読んで、自分がどんな子どもだったのかを振り返ることができました。
 
その結果、自分が何が好きで何が嫌いだったのかを知ることができ、嫌いなことは金輪際しない!と決めることができました。
 

3.人と出会う場へ出向く

自分一人で考えていても、狭い思考の中ではやりたいこともなかなか見つけられないかもしれません。
 
そこで、人と出会える場所へ出向き、色々な人と話をしてみましょう。
 
自分では思ってもなかった自分の良い面を見つけてくれたり、アドバイスをもらうことができます。
 
自分を客観的に見ての意見ですから、自分で思いつかない方面の仕事が出てきたり、ウチで働いてみるかい?なんてお誘いを受けることもあります。
 
その意見を全て鵜呑みにするわけではなく、その意見を自分の中へ落とし込んで、それがやってみたいのかやりたくないのかの篩にかけてみましょう。
 
少しでもやってみたい!に針が振れたら、やってみることをお勧めします。
 
<スポンサードリンク>

4.やってダメなら辞めればいい

やりたいことがわからない人の多くは、やってみたいことがあるのにも関わらず、それを出来ないと勝手に決めつけている可能性があります。
 
そんな時は「やってダメなら辞めてもいい」と考えましょう。
 
同じ仕事に3年間勤めなければ!なんて言われますが、そんなことは関係ありません。
 
やってみて楽しくなかったり、つまらない!と感じたら辞めていいんです。
 
そう考えれば、心の奥底にしまいこんだやってみたいことが、何となくできそう!って思えてきませんか?
 
5.やりたくないことを書きだす
 
やりたいことが見つからない時、その反対のやりたくないことを書きだすのも1つの方法です。
 
やりたいことは分からなくても、やりたくないことならパッと出てきたりしますよね。
 
それを書きだすことで、頭の中をすっきりさせましょう。
 
やりたくないことを知り、すっきりとした頭の中に、どんどん新しい情報を詰め込んでいきましょう。
 

6.何もしない期間を作る

ずっと考えていても、ただただ疲れるだけで答えがでないことは多々あります。
 
やりたいことを見つける時も、ずっと考えても出ないのなら、一度考えることを止めて、リセットしましょう。
 
ゲームするもよし、映画見るもよし、何してもいいですが、オススメは何もしないことです。
 
ただただぼーっとします(笑)
 
寝てもいいですけど、何も考えずただただぼーっとするほうが良いです。
 
ぼーっとする時間と言うのは、意外と大切で、自分の頭をリセットすることもできますし、心をリセットすることもできます。
 
すると次に考え出したときに、さっぱりした状態で考え始めることができるのです。
 
凝り固まっていない思考なら、やりたいことが見つけられる可能性は高いですよ。
 

最後に・・・

やりたいことが見つからない人は、やりたいけどできない!と思い込んでいることが多いです。
 
出来ないと決めつけているのは自分自身です。
 
ちょっとの勇気があれば、やりたいことを実現することは可能です。
 
ここで紹介した6つの方法で、自分のやりたいことを見つけ、整理し、勇気を出して1歩を踏み出してみてください。
 
その先に見える世界は、あなたしか見ることができません。
 
少しでも、やりたいことが見つかることを祈っています。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。