フロントガラスが曇る原因は、たった一つだけ!!

こんにちは、SHOです。

少しずつ周囲の景色の雰囲気が冬へと向かいつつあります。冬はとっても綺麗な季節ではありますが、車にとってはなかなか厄介な季節でもあります。

道が滑りやすくなるのはもちろん、狭くなったり視界が悪くなったりします。それにフロントガラスが曇ってしまい、前が見えなくなったりもしますよね。

まだ道に関しては慎重に運転すればどうにかなるのかもしれませんが、フロントガラスの曇りに関しては突然やってきたりもするので、とても危険でとても厄介です。

というわけでこの記事では、タイトルにもある通り「フロントガラスが曇る原因」について紹介してみたいと思います。

対策は別記事に記載しますので、そちらを参考になさってください。

では早速みていきましょう!

<スポンサードリンク>

フロントガラスが曇る原因

1.原因は1つ!!それは…『結露』

フロントガラスを曇らせる原因は『結露』です。

結露という言葉を1度は耳にしたことがあると思います。冬場になると部屋の窓が曇ったり、お風呂に入っていると鏡が曇ってしまったりしますよね。それが結露です。

結露は僕たちの生活のとっても身近なところにいるんです。でも普段別に邪魔になるわけでもないので気にしていませんが、車のフロントガラスが結露するとなると話は別です。なんてったって曇って前が見えないと危なくて仕方がありませんもんね。

フロントガラスが結露してしまう原因は「外の気温と中の気温の温度差」です。

%e7%b5%90%e9%9c%b2

空気は暖かいほど多くの水分を持つことができます。そのため車の中にはたくさんの水分が、目には見えませんが浮かんでいます。しかしこの空気が冷やされたフロントガラスに触れると、冷やされて水分をモテる量が減り、持ち切れない水分を放出してしまいます。

それがフロントガラスの内側に付着して結露になってしまうわけです。

この結露は外と中の温度差が大きければ大きいほど、たくさんついてしまいます

また、フロントガラスに結露をつきやすくしてしまう原因もあります。

<スポンサードリンク>

2.フロントガラスに結露つきやすくしてしまう原因

  1. 車内の湿度が高い
  2. 窓の内側が汚れてしまっている

Ⅰ.車内の湿度が高い

車内の湿度が高いと、それだけ車の中も空気に水分が多く含まれているということなので、結露がつきやすくなってしまいます。しかし息するだけでも水分が出てしまいますから、湿度が高くなってしまうのが仕方がないのかもしれませんね。

Ⅱ.窓の内側が汚れてしまっている

目には見えていないかもしれませんが、タバコのヤニやほこりで窓の内側は汚れてしまっています。この汚れがあると、水分が汚れに付着して結露を引き起こしやすくしてしまうと言われています。

ですので、たまに水拭きしたりして窓の内側も綺麗に保っておきましょう。

最後に…

フロントガラスが曇る原因を知ることで、対応する方法も見えてくるものです。対策については別記事で紹介します。その中から自分でやりやすい対策をとってみてください。

では。