フロントガラスが曇る時は、対策して素早く解消しよう!!

こんにちは、SHOです。

冬でも夏でも車のフロントガラスが曇るのは、とっても厄介でストレスが溜まりますよね。前が見えないまま運転するなんて、プロのドライバーでもできない芸当でしょう。

僕も毎年冬になるとフロントガラスの曇りに悩まされています。しかも中々曇りを取ることができません。それはちゃんとした対策方法を知らなかったからに他なりません。

しかし今は対策方法を知っているので、曇ってもすぐに対処できます。

ではフロントガラスが曇る時の対策方法をお話ししていきましょう。

<スポンサードリンク>

フロントガラスが曇った時の対策方法

1.車の窓をちょっとだけ開けてみよう

フロントガラスが曇る原因は「外と中の気温差による結露」です。詳しくは以下の記事をご一読ください。

⇒⇒フロントガラスが曇る原因は、たった一つだけ!!

車の窓を少しでも開けることで、外と中の気温差を少なくすることができます。しかし冬に窓を開けるのは寒さを伴いますので、風邪を引かないように注意しましょう。ブランケットを体にかけるとか、ちょっとアウターを羽織ってからやるなど、身体を冷やさない工夫をしておくと良いでしょう。

また車の窓に雨除けカバーが付いてない時は、雨や雪が車内へ入り込む可能性もありますので、天候とも相談しながら行ってください。

この対策方法で気温差はなくなりますが、その代わり車内の湿度を上げてしまうことにもなるので、次に紹介する方法も行うとより良い対策になると思います。

2.外気導入でエアコンを入れてみよう

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b31

車の外側から矢印が車内に引かれているボタンがありますよね。それが「外気導入ボタン」です。外気導入というのは、外の空気を積極的に車内に取り入れて空気を循環させるためのものです。

結露には「湿気」が大きく関わっています。車内の湿度が高いと結露しやすいので、それだけフロントガラスが曇りやすくなります。

なので冬場は外の乾燥した空気を車内に積極的に取り入れることで、社内の湿度を下げることができます。外気導入でエアコン(A/C)を全開で作動すると、素早く曇りを解消することができますよ!

しかし外気導入のままでエアコンを作動すると、温風が出てくるまでに時間がかかります。ですので、最初は内気循環(車の内側で矢印が回っているボタン)で作動させるのがオススメです。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b32

ちなみに夏場にフロントガラスが曇ってしまった場合には、「内気循環ボタン」を使うと良いです。外部の湿気を車内に入れないようにし、エアコンのスイッチ(A/C)を入れましょう。

さらにデフロスターを使用しフロントガラスに吹きかけましょう。この時急に冷やすのではなく、少しずつ冷やすように温度調整をすると、素早く曇りを解消することができますよ!

<スポンサードリンク>

3.デフロスターを使用してみよう

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b33

上の画像のようなボタンがデフロスターです。デフロスターは車の着霜、着氷、結露を防止するための装置です。今ではほとんど全ての車に備え付けれられています。

デフロスターを使えば簡単にフロントガラスの曇りを対策することができますが、車に与える影響は大きいです。特にバッテリーを酷使するので、使い方には注意が必要です。

よくデフロスターを起動したままにしておくことがありますが、長時間しようするとバッテリーを大きく消費してしまいます。ですので、最初の応急処置として使用し曇りが取れ始めたなと思ったら、紹介している他の方法に切り替えるようにしてください。

その方がお気に入りの車を長く乗ることに繋がりますよ!

4.フロントガラスの内側、汚れてませんか?

フロントガラスの内側には、たくさんのホコリやタバコのヤニが付着しています。目には見えませんが、意外と汚れてしまっているんです。この汚れがあると結露が付きやすくなるので、綺麗に掃除しておくだけでも、曇り対策を施すことができます。

市販の「曇り止めクリーナー」や「フロントガラス用洗剤」を使って掃除しても良いですし、「中性洗剤を薄めて布にしみこませて拭き取る」という方法も有効です。

1週間に1度は軽く拭き取ってあげると、フロントガラスが曇りにくくなると思いますよ!

最後に…

フロントガラスが曇るストレスが少しでも解消されれば、きっと冬場の運転も楽しくなることでしょう。決して曇らせたままで運転しないようにしてくださいね!

では。