ウォーキングの効果が出やすい時間帯と、その効果を紹介!!

最近運動が出来ない
やろうと思っても時間がない
運動音痴だからやりたくない

運動をなかなか始められない人が多いのではないでしょうか。

そんな時、簡単にできる運動が「ウォーキング」です。

せっかくウォーキングをするなら、効果が出やすい時間に行いたいですよね!

というわけで今回は・・・

ウォーキングの効果が出やすい時間は??

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

ウォーキングの効果が出やすい時間は??

ウォーキングはする時間によって効果が変わるのでしょうか?

実は、時間帯によって効果が変わることはありません

どの時間帯にウォーキングをしても、同じような効果が得られます。

ですが、ウォーキングの効果に加えて違う効果を得られる時間帯があるのです。

早朝ウォーキング

photo credit: Erik Daniel Drost via photopin cc

photo credit: Erik Daniel Drost via photopin cc

ウォーキングの効果とプラスして効果が得られる時間帯は「早朝」です。

早朝にウォーキングをすると、「朝日」を浴びることになります。

実は、朝日を浴びると、体に良い効果がたくさんあるのです。

(1)体内時計がリセット

体内時計という言葉を聞いたことがありますよね。

12時なったらお腹がすいたり、生活のリズムを整えているものです。

夜中まで起きていたりすると、だんだん体内時計がずれていきます。

体内時計がずれると、変な時間にお腹がすいたり、朝起きれなくなったりします。

朝日を浴びることで体内時計をきちんとリセットすることが出来ます。

体内時計が正常に働くと、朝起きて夜寝るという、きちんとしたリズムで生活を送れます。

(2)ダイエット効果がある

朝は、1日の中で1番血糖値が低い時間帯です。

なぜかというと、晩ごはんから朝ご飯までの間隔は長いため、エネルギーが不足しているからです。

エネルギーが不足している時に、ウォーキングのような軽い運動をすると、体がエネルギーを作り出すために脂肪を燃やしていきます

脂肪が燃えるということは、カロリーが消費されるということです。

これにより、ダイエット効果があるのです。

(3)自律神経を整える

これは早朝だからというわけではありません。

ウォーキングをすることで、自律神経を整えることが出来ます。

また体温調節機能を高めたり血流を良くすることに繋がります。

体温調節機能を高めることで、夏バテをしにくくなったり、寒さに強くなります

血流を良くすることで、むくみがなくなったり、足が細くなったりします

ウォーキング自体の効果は、時間帯によって変わりません。

ですが、早朝にすることで以上3つの効果をプラスで得ることが出来ます。

どうしても早朝にはできないという場合もありますよね。

そのような時は、自分がウォーキングをしやすい時間で大丈夫ですよ!

<スポンサードリンク>

早朝ウォーキングで注意すること

1番効果のある時間帯である早朝ですが、注意しなければいけないこともあります。

(1)血流を少し良くしておく

朝起きた時、血液の流れは悪くなっています。

その状態のままウォーキングをすると酸素が全身に行きわたらず危険な状態になることもあります。

ですので、朝起きたら歯磨きをしましょう。

口の中の細菌を取り除くためです。

そして、コップ1~2杯の水を飲みます。

これで、血液の流れを良くすることが出来ます。

水はとっても大事なので、ペットボトルに水を入れて持っていきましょう

いつでも水分補給ができるようにしておくことが大事です。

(2)消化の良い糖分を摂取しておく

お腹がすいている状態でウォーキングに行くのは危険です。

だからといって、がっつり朝ご飯えを食べてからでは、ダイエット効果がありません。

ですので、バナナやヨーグルト、スポーツドリンクを少し摂取してから行くようにしてください。

(3)起きてすぐはダメ

起きてすぐウォーキングに行ってはいけません。

ですので、起きてから「30分~1時間後」に行くようにしましょう。

そうしないと体が完全に目覚めていないので、ケガをしてしまう恐れがあります。

また、ケガをしない為に、ストレッチや準備運動をしてから行くようにしましょう。

(4)体調に合わせる

朝起きて体がだるくて重たいのに、調子が良い時と同じ距離をウォーキングしてはいけません。

必ず自分の体調に合わせて、ウォーキングの距離を調整しましょう。

(5)天気の悪い日は注意して

雨の日や雪の日など、視界が悪い日は注意しましょう。

突然車が飛び出してきて事故にあう可能性があります。

ですので、目立つ色のカッパや傘を身に付けてください。

以上5つのことに注意して、早朝ウォーキングを行ってください。

最後に・・・

ウォーキング自体の効果はどの時間帯でも変わりません。

ですが、早朝にウォーキングすると、体内時計が正常になったり、ダイエット効果があったりと、良い効果がたくさんあります。

ですので、ウォーキングで効果があるのは早朝!ということを覚えておきましょう!

僕も最近運動していないので、ちょっと朝早起きして、ウォーキングを始めようかな!体内時計なども正常になるなら一石二鳥ですもんね!

皆さんも早朝にウォーキングをして、体を良くしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。