時のすみかイルミネーション2015の内容や料金、時間は??

冬が本番に近づくにつれて、各地でイベントが開かれますね。

その中でも冬いとえば、イルミネーションですよね!

有名なところはかなり混雑します。

有名だけれど、そこまで混雑しないであろうイルミネーションを紹介します。

というわけで今回は・・・

時のすみかイルミネーション2015

と言うな内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

時のすみかってどこ?

「時のすみか」と言われても、どこだろう?と、この地名を初めて聞く人は多いのではないでしょうか?

時のすみかは、静岡県御殿場にあります。

公式HPはこちら・・・

⇒⇒時のすみかイルミネーション2015

ここは、イルミネーションの他に、温泉・リラクゼーションやレストラン・ショップまで揃う総合リゾート施設なんです。

サッカー・テニス、釣り堀から美術館・スパなどもあり、1日中ここでゆっくり楽しむこともできます。

カップルで来たら、世界最大級の「愛の鐘」に行くのもいいでしょう!

時のすみか詳細はこちらです。

御殿場高原時のすみか
住所:〒412-0033
静岡県御殿場市神山719番地
電話番号:0550-87-3700

イルミネーション情報

時のすみかイルミネーションの詳細
テーマ:妖精たちのHabataki
場所:時のすみか(よろこび山)
静岡県御殿場市神山719番地
期間:2014年11月7日~2015年3月15日
点灯時間:16:30~22:00
料金:第1会場…無料、第2会場…大人1000円 子供200円
電話番号:0550-87-3700

時のすみかのイルミネーションは、第1会場と第2会場と分かれていて、それぞれで見れるイルミネーションが違います。

第1会場…300mの光のトンネル、イルミネーションツリー、Habataki
第2会場…観覧人数100万人を超えた噴水ショー
特別企画…参加型イルミネーション(富士山ヒカリの国フェスティバル)

となっていますので、見たいイルミネーションに合わせて、見に行く会場を間違えないようにしましょう。

では、時のすみかのイルミネーションがどのようなものか、詳しく見ていきましょう!

300mの光のトンネル

昔からやっていた光のトンネルなのですが、最近行われなくなっていました。

これが今年から復活しています!

まっすぐ突き抜ける並木道全てが光のトンネルに変わり、トンネルの中はまるで、妖精が羽ばたく神秘の世界となっています。

写真撮影スポットにもなっているファンシーエクスプレスに乗り、妖精の気分を味わうことができますよ!

イルミネーションツリー

高さ20mのイルミネーションツリーが展示されます。わざわざこの為に20mのモミの木を移植するほどの力の入れよう!

モミの木の周囲から七色の光が木を駆け上がります。

周辺は白い光が草原を包み込んで、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

<スポンサードリンク>

Habataki

2014~2015年シーズンが初めてのお披露目です!

コニカミノルタさんが開発した有機ELをふんだんに使い、有機ELで作られた羽に止まった鳥が、音楽に合わせて羽ばたきます。

見る角度によって光が変わっていくので、幻想的な世界を堪能することができます!

ヴェルサイユの光

観覧人数が100万人を超えた大人気の噴水ショーです。

約70mの噴水が、色をつけて吹き上がります!

昨年の噴水ショーはコチラです。

10分以上も続く噴水ショーは一見の価値ありですね!

イベント概要
料金:大人(中学生以上)1000円
子供200円
5歳以下は無料
開催時間:
①17:00~
②17:40~
③18:21~
④19:00~
⑤19:40~
⑥20:20~
⑦21:00~

これだけ大きい噴水ショーですので、大勢の人が見に来ます。

ですので、見る為のポイントを紹介します!

開始時刻をチェックしよう
インフォメーションで教えてくれますので、分からなくなったらすぐに聞きに行くようにしてください。

この記事でもお知らせしておきますので、事前確認もできますよ!

ビニール傘があると便利
70mも吹きかがりますので、風の影響によって、噴水の近くで見ている人に水がかかる可能性があります。

チケット売り場の横でレンタルすることが出来ますので、近くで見ようと思っている方はご活用ください!

余裕をもって行こう
実は、噴水ショーが始まる前に、デモンストレーションが行われます。

このデモンストレーションと合わせてみれば、少しでも長く、70mの噴水ショーを味わうことが出来るのです!

また、噴水会場の後方には、「愛の鐘」があります。

この後ろに世界遺産の富士山を見ることができますので、少し余裕をもって会場に行くことをおすすめしますよ!

写真を撮りたい人は後ろから
高さもあり、横幅もある噴水ショーですので、近くで写真を撮影しようとすると、全部収まりません。

ですので、後方席から望遠で撮ると良いでしょう!

富士山ヒカリの国フェスティバル

昨年から始まった新規格です。企業&団体が提案~作成し、とても楽しい空間に仕上がっています。

これらの作品はコンテストになっているので、来園したみなさんの投票によって賞が決まります!

時のすみかへの行き方

時のすみかへの行き方はここで書くよりも、公式サイトを見てもらったほうが見やすいと思うので、そちらから確認するようお願いいたします。

⇒⇒時のすみかへのアクセス

最後に・・・

冬はいろいろなところでイルミネーションを開催しています。

しかし都市圏に行くとイルミネーションを見るよりも、人を見る感じになってしまいます。

だからといって、地方のイルミネーションは人が少ないのかといえば、そうでもないのです。

しかもなかなかのクオリティーでとっても綺麗なのですよね!

僕は、なばなの里にしか行ったことがないのですが、これからいろいろなところのイルミネーションを見てみたいですね!

冬は全国をイルミネーション旅行!楽しそうですよね(笑)

まず今年の冬は、時のすみかでめいっぱい思いでを作りましょう!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。