ブログ初めて約2年、Googleアナリティクスで問題点と解決方法を考える。

このブログを始めたのが「2014年10月」。最初はガンガンと記事を更新していたけれど、それ以外のことに興味を持ったり何だりしていて、2016年に入ってからは全く更新しない月もあった。自慢するほどではないが、それほど更新頻度の高くないブログなわけ(笑)

そんな僕のブログ、一番最初から直近の月(2017年1月)までのアクセス数などを調べて、どのように推移してきたのか振り返っていこうと思う。それによって、このブログの問題点とかが見えてくると良いのだけれど。

<スポンサードリンク>

芋づるNEWSの調査結果

さてとりあえず細かいところを見ていく前に、どかんと全体的な推移を見てることにしよう。グラフは(2014/10~2017/1)までのPV(ページビュー)の数の推移を表しているものだ。

なぜPV数のグラフにしたかというと、どれだけページを見られたのかを知ることが、そのブログの直接的な評価に繋がると考えているからだ。

このブログは画像のような推移で変動してきた。やはり開始した当初のPV数はかなり少ないのが見て取れる。確か2014年10月のPV数は0だった気がする…。それでも月日を重ねるごとに、少しずつ少しずつPC数が増えてきている。

2016年は全く更新していなかったが、地道にPV数は増えていたらしい。今まで書きためてきた記事が幸いなことに読まれ続けてくれたおかげかもしれない。

上記のグラフの重要点をまとめると以下の通りである。

  • PV数合計…約316万PV
  • 最高月間PV数…2017年1月(約24万PV)
  • 直帰率…93.35%
  • ブログへの滞在時間…28秒
  • ページ/セッション平均…1.09

PV数は徐々に増加傾向にあるので、今は少なくてもこれから伸びていくとみて間違いないだろう。とりあえず月間100万PVは達成したい。月間100万PVを達成するには、これから何を修正していけば良いのか、データをもとに考えてみると以下の問題点が浮き彫りになった。

  • 直帰率が高すぎる
  • 記事の読み応えがない

1.高すぎる直帰率

直帰率は、1度のセッションで訪れた記事だけを読んで帰った人の割合を示している。簡単言えば、学校に登校して終業したら寄り道をしないで帰った人の割合を示しているわけだ。

僕のブログの直帰率は約93%。100人訪れたうちの93人が真っ直ぐ帰ってしまっているというわけ。何でもかんでも書かれている雑記ブログなので、直帰率が高くなってしまうのは仕方がないことなのだが、いくらなんでも高すぎる…。

個人的な目標としては75%程度に下げていきたいことろ。そのためには、どのような取り組みをしていくのが良いのだろうか。解決策としてあげられるのは以下のことである。

  • 補足する記事を記事内にリンクとして貼り付ける
  • 関連する記事を読ませるためのレイアウト調整

Ⅰ.記事内のリンク貼り付け

僕のブログは雑記ブログなため、以前書いた記事を補足するような記事が極端に少ない。そのためなかなか記事内に他の記事をリンクとして貼ることができていないのだ。

だからといって何でもかんでも良いや!!でリンクを貼りまくってしまっては、読みにくくなるし逆効果になってしまうだろう。それにひとつのカテゴリーに絞って記事を書き続けることも、個人的には面白くないのでしたくない。

となると以前書いた記事をリライトし直し、補足としてリンクできる記事を掘り起してリンクをさせていく作業が必要になる。また、これから書いていく記事も内部のリンクに気を配っていく必要があるだろう。

Ⅱ.関連記事が読みたくなるレイアウト

関連記事の表示は、それぞれの記事毎に表示されるようになっているが、なかなか流入がないのが事実だ。今現在はちょっとレイアウトを変更したので、関連記事の見え方が違っている。おかげで、2014年2月現在では直帰率が87%にまで下がってきた。

やはりレイアウトの変更は直帰率の低下に著しく影響を及ぼすようだ。といあずは現行のままで行くが、下がらなくなってきたら少しずつ調整していく必要があるだろう。

<スポンサードリンク>

2.記事の読み応えの強化

記事の読み応えを判断するには、平均セッション時間を見る。平均セッション時間とは、このブログにどれだけの時間滞在してくれたかを示す指標である。長ければ長いほど良くて短いほと悪いというわけでは無い。

そこでもうひとつページ/セッションという項目にも着目してみよう。これはブログにアクセスした人が平均で何ページ見てくれているのかを示している。

  • 平均セッション時間…28秒
  • ページ/セッション…1.09

僕のブログの場合、だいたいの人が1ページ見て離脱していることが分かる。また複数ページを見てくれている奇特な方でも、滞在時間は28秒しかない。

雑記ブログのため1つの答えを求めに来る人が多い。それが起因してセッション時間は増えにくくなっているし、他のページに目もくれず直帰してしまう人が多いのは仕方がない。

しかしもっと多くの記事を読んでもらいたいという気持ちがある。なので様々な記事を読んでもらえるような工夫が必要になるだろう。それは以下に記載する。

  • 興味を惹くタイトル
  • 文章力の向上

ちなみに現在(2014/2)の平均セッション時間とページ/セッションは以下の画像のようになっているので、参考までに。

どちらも向上し、直帰率も下がっているので、良いブログになってきているのかもしれない。あくまで予測の範囲でしかないのだが。

Ⅰ.興味を惹くタイトル

まず訪問者の目に触れるものはタイトルだ。タイトルが訪問者の興味を引かなければ、読んでもらえることなどないに等しい。

タイトルの重要性は知っていたが、ただ単に、書いたキーワードを散りばめてただけの単調なものだった気がする。これでは他の雑記ブログと同じで、独自性もなにもないタイトルになってしまう。

もっと目を惹くようなタイトルを付けられるように、考え込まねばならないだろう。

Ⅱ.文章力の向上

タイトルで惹かれて見に来てくれた人が、この記事面白かったな!!と思って帰ってもらうには、文章の読みやすさや面白さが重要になってくる。

かといって凝り固まった方法で文章を書いても、読みやすくはなるだろうが面白みは減ってしまう。どちらか一方を取るのであれば、面白い文章を書くように努めたい。その中で図や写真を使い、読みやすさも少しずつ足していければ良いのだけれど。

最後に。

これかれも芋づるNEWSをご愛顧いただけるよう、読みやすいブログへと修正を重ねていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。