改めて気が付いたブログを書くことの本質。

こんにちは、SHOです。

色んなブログを読みますけども、それぞれいろんな記事がありましてね。アフィリエイトに繋がるものだったり、日常だったり、商品紹介だったり、ネタだったり。それぞれに特色があって、ブログサーフィンしていると飽きません。

さながら飽き性な私なので、だいたいの記事は斜め読みで済ませてますがね。だいたいタイトル見れば何書きたいか分かるので、大助かりで(笑)

こうやっていろんなブログを読んでいると、今まで何を書こうかと悩んで、あれやこれやとキーワードを選定したりしていた自分が嫌に感じられてくるものです。何を自分は苦悩して、へとへとになりながら記事を書いていたんだろうと。

結局ブログの本質ってのは「書きたいことを書く」ってことなんですよね。アフィリエイトで稼ぎたいっていう気持ちで書き始めたばっかりに、何やらいろいろと小賢しいことをしてましたけど、ブログってのはそういうもんじゃないんですね。

言わずも知れたARuFaさんのブログ。キーワードなんてどこへやらの世界。でも独特の世界観を持って、面白い事楽しい事を実践して記事にしてあるブログ。

これとか堪らなく好きです。誰でも実践できるから、自分のスマホで試したくなるくらい。

ヨッピーさんもた素晴らしい。特に体当たり具合が素晴らしい。記事のタイトルには少しばかりSEOを意識しているものもあるかもしれないけど、それ以上に記事が面白いから、SEOなんて意識しなくても読みたくなってしまうブログ。

オモコロさんに投稿されている記事も面白いし、ほんと体張っているなと思う。

僕はブログを書いてきて、アフィリエイトを意識した記事を書くことも読むことも面白さを見いだせなかった。

でも彼らのブログを読むのは楽しくて、ついつい読みふけってしまったし、自分でもそういったコンテンツを配信したいとも思った。

何度も書くがブログの本質は「書きたいことを書く」ということ。ブログを書き始めて何年か経ったが、この本質に今頃ようやく気付かされた気がする。自分が面白いと思うこと、楽しかったこと、悲しかったこと辛かったこと。

自分にしか書けない内容があるはずなのに、それを無視して誰もが書ける内容ばかりを書いてきた。だから面倒臭いと思って書いていることもあった。

これからはブログを楽しもうと思う。無理をして書く場ではないし、書きたいことを書く場だから。