しゃっくりを止める方法で簡単な方法を紹介!!

しゃっくりは一度出るとなかなか止まりません。

長引きけが長引くほど辛いですよね。

昔寝ようとしたらしゃっくりがでて、寝付けなかったことがあります(笑)

出来るなら、しゃっくりをとすぐに止めたい!
しゃっくりを止める簡単な方法があれば!

僕は、常々そう思ってきました。

皆さんの中にも同じ気持ちの人がいるのではないでしょうか?

というわけで今回は・・・

しゃっくりを簡単に止める方法!!

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

しゃっくりの原因

まずは、しゃっくりがどのような原因で引き起こされるのかを説明します。

しゃっくり(噦り、吃逆、嗝)とは、横隔膜(または、他の呼吸補助筋)の強直性痙攣および、声帯が閉じて「ヒック」という音が発生することが一定間隔で繰り返される現象で、ミオクローヌス(myoclonus:筋肉の素早い不随意収縮)の一種である。

しゃっくりは明確な原因がなくても起こるが、飲食物や会話などの刺激がきっかけになることがある。まれに横隔膜の炎症や腎臓病、脳腫瘍といった疾患によって引き起こされることもある。
※http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A

簡単に言うと、横隔膜と呼ばれれ場所が痙攣している状態のことです。

食べ物や会話の刺激、さらにはストレスによっても引き起こさることがあるそうです。

しゃっくりが出ている時は、呼吸が苦しく、イライラとしてきます。

出来るだけ早く止めたいですよね。

では、しゃっくりを簡単に止める方法を紹介しましょう。

しゃっくりを簡単に止める方法

昔からしゃっくりを止める方法はたくさんありました。

それは息を止める、びっくりする等の方法です。

でも、いまいち効果を実感することができませんでしたよね。

ここでは今までとは違う、しゃっくりを止める方法を紹介します。

紙袋を口に当てて呼吸をする

しゃっくりを止めるには、血液中の二酸化炭素濃度をあげると良いそうです。

息を止める方法も、血液中の二酸化炭素濃度をあげてしゃっくりを止める方法です。

ですが、30秒息を止めてと言われても結構辛いですよね。

そこで・・・

紙袋を口に当てて呼吸をする

この方法を使います。

紙袋を口に当てて呼吸をすることで、息を止めるよりも楽に二酸化炭素濃度をあげることができます。

なぜ二酸化炭素濃度をあげると、しゃっくりを止めることができるのかというと、二酸化炭素濃度があがると呼吸が苦しくなります。

すると脳は、身体に危険を及ぼす可能性があると判断します。

そして痙攣を止めるように横隔膜へ働きかけるからです。

以上は僕の憶測です。

したがってこの方法は、医学的で認められていません。

ですが、昔から伝えられている方法ですから、効果があるとみて良いでしょう。

実は、しゃっくりを止める方法には、医学的に効果が認められた方法があるのです!

<スポンサードリンク>

迷走神経を刺激する

098412

医学的に認められたしゃっくりを止める方法は・・・

迷走神経を刺激する

という方法です。

これだけでは、何が何だか分からないので、詳しく解説していきます。

まず、迷走神経を刺激する方法についてです。

迷走神経を刺激するには、水を飲んだり、舌を引っ張ったり、目をこすったり、耳を刺激します。

この中でも、特に迷走神経を刺激できる方法は・・・

耳の奥を刺激する

しゃっくりを止めるには、この方法で迷走神経を刺激することが一番です。

耳の奥を刺激する方法
:両方の耳に指を入れる。
:両方を強めに30秒~60秒押し続ける。

これだけで、しゃっくりを止めることが出来ます。

なぜしゃっくりを止めることが出来るのか?

しゃっくりを止めるとが出来ことには、「迷走神経」が強く関わっています。

迷走神経というのは、脳からお腹まで繋がっている体の中で一番重要な神経です。

迷走神経へ刺激を与えると、脳が体へ危険が迫っていると判断し、体の各器官へ防衛せよと指示が出されます。

この防衛本能が横隔膜へ作用し、しゃっくりを止めることに繋がるのです。

血液中の二酸化炭素濃度をあがるよりも簡単に、そして確実にしゃっくりを止めることが出来る方法ですので、是非試してみてください。

最後に・・・

しゃっくりを止める方法には、迷走神経を刺激する方法が一番効果があるようです。

特に、耳の奥を刺激する方法が簡単で手っ取り早いです。

やり方を試しに実践してもらうと分かりますが、その格好は結構恥ずかしい恰好になります。

したがって、人前で堂々と出来ないかもしれません。

ですので、トイレなどへ行って実践するほうが良いですよ!

会議中などどうしても出来ない場合は、目をこすったり、水を飲んだりして、迷走神経を刺激してください。

耳の奥を刺激するよりも効果は薄いかもしれませんが、止めることには繋がります。

しゃっくりを簡単に止める方法を知り、しゃっくりに苦しまない生活を送りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。