サンタクロースに手紙が無料で送れるって知ってた?!

クリスマスが近づき、子どもたちはサンタクロースへ欲しいプレゼントをお願いします。

その時に・・・

直接、サンタクロースへプレゼントをお願いしたい
サンタクロースに手紙を出したい

と思うことがあるのではないでしょうか?

僕も、子どもの頃サンタさんへお願いしたいから手紙を書いて、なぜか枕元に置いていたことがあります(笑)

サンタさんが来る当日に置いても、あまり意味がないなと、今になって思いますが・・・(笑)

サンタクロースへの手紙は、誰しもが子どもの頃叶えたかった夢です。

この夢はなんと、叶えることが出来るんです!!

しかも、費用はかからず無料で!!

というわけで今回は・・・

サンタクロースへ無料で手紙を出す方法

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

サンタクロースへの手紙が集まるところ

サンタクロースがどこに住んでいるのかご存知ですか?

サンタクロースは、日本から遙か遠くのフィンランドに住んでいます。

フィンランドや、その周辺のスウェーデン・デンマークなどでは、「サンタクロースに手紙を出すと返事が来る!」というサービスがあります。

せっかく手紙を出すなら、サンタクロースの住んでいるフィンランドへ出したいですよね!

フィンランドのサンタクロース村

フィンランドには、「サンタクロース村」という場所があり、そこでは日夜サンタさんが働いています。

世界中の子どもたちが欲しいものを書いた手紙は・・・

1.サンタクロース中央郵便局サービス
2.サンタクロース大使館等のサービス

を使って、このサンタクロース村へ届けられます。

1のサービスは無料のサービスで、2のサービスは有料のサービスになっています。

どちらのサービスを使っても手紙の届く場所は一緒で、「サンタクロース村」に届くようになっています。

無料と有料どちらを選んでも良いのです。

なぜ無料と有料があるのでしょうか?

無料と有料の違い

手紙を届けるサービスが無料と有料の2種類ある理由は、「確実に返事をもらえるか、もらえないか」の違いです。

:有料サービス・・・「確実にサンタさんから返事をもらえます
:無料サービス・・・「サンタさんから返事をもらえる可能性があります

微妙な違いですが、大きな違いです。

サンタクロースへの手紙は世界中の国から届けられ、その数は、何千、何万、何千万という数になっていきます。

その手紙すべてに返事を書きたいサンタさんですが、なかなか忙しくて全てに書くことが出来ないそうなんです。

だから、有料と無料の2つのサービスが生まれたのです。

しかし、共通している部分もあります。

それは・・・

サンタクロースへ手紙を送ることが出来る!

ということなんですよね。

無料サービスでも、返事が来るかはわからないけれど、自分の想いを伝えることが出来ますので、送る価値はアリです!

僕も、子どもの時に知っておきたかった・・・。

手紙は日本語で大丈夫!

フィンランドという言葉の通じない国に送るので、英語やその国の言葉を使わないとダメでは?と思う気持ちわかります。

ですが、その心配はしなくて大丈夫ですよ!

日本語で大丈夫!

手紙の中身は、日本語で書いても大丈夫です!

なんせ送る相手は、世界で活躍するサンタさんですからね^^

サンタクロース村への宛先

Mr. Santa Claus
Santa Claus Main Post Office,
FI-96930 Arctic Circle
FINLAND

ここに送ればちゃんと、サンタさんの元へ届きます!

しかし、2つほど注意してほしいことがあります。

1.宛先は英語で書きましょう!
届けるのはフィンランドの郵便屋さんですから、日本語分かりませんよね。なので、ここに書いたように英語でしっかりと書いてくださいね!

2.字を間違えないようにしましょう!
書き間違えると、届かないこどがあります。1文字1文字確認しながら、ゆっくりと書いてくださいね!

<スポンサードリンク>

手紙の書き方

手紙の書き方について説明していきましょう。

無題 ※マンションの綴りが間違えてました。正しくは「Mansion」です。申し訳ありませんでした。

①自分の住所

海外では、日本と逆の順番で住所を書いていきます。

上から・・・

:名前
:番地・〇〇町・〇〇区
:〇〇市
:都道府県・郵便番号
:日本

と書いていけば大丈夫です!

自分の名前は、少し大きめで、名前の前に「From」と書きましょう。

都道府県は、「東京都」なら「Tokyo」、「埼玉県」なら「Saitama」でOKです!

あと、国名に下線を引くとわかりやすくなり、良いですよ!

簡単に住所を海外表記に出来るサイトがありますので、ご活用ください。 

⇒⇒JuDress

③相手の宛先

ここには、先ほどのサンタクロースの宛先を入れましょう。

Mr. Santa Claus
Santa Claus Main Post Office,
FI-96930 Arctic Circle
FINLAND

こちらも、自分の住所を書いたときの順番で書きます。

ここに書いてあるものを真似すれば大丈夫ですよ!

③エアメール表記

海外に手紙を送ると、飛行機で届けられますので、赤文字でしっかりと「VIA AIR MAL」と書きましょう!

下に「Christmas card」と書くと、かわいさアピールができます!

これは無くても構いません(笑)

④切手

必ずこの位置に貼ってくださいね。

:はがきサイズ・・・70円
:グリーティンカード・・・25gまで110円
:手紙(定型)・・・25gまで110円、50gまで190円

となっています。

郵便局に行って、確認してもらいながら行えば大丈夫です。

もしかしたら返信が来る可能性がありますので、「国際返信切手券 2枚 (150円×2)」を一緒に入れて送りましょう。

フィンランドに届くには、5日~7日程度かかるそうですので、12月16日までには出しておかないといけませんよ!

普通の白い封筒で大丈夫!

海外に送る時は、赤と青でデザインされた封筒が有名ですが、必ずそれを使わなければいけないわけではありません。

家にある普通の白い封筒でも大丈夫ですよ!

縦書きではなく横書き※「書き方」を参考にしてください。
上下左右に1cm程度のスペースを空けておく

これらに気を付けて書くようにしてくださいね。

そうしないと届かない恐れがありますので、守って書けば届きますから安心してください!

最後に・・・

絶対返信がないと嫌だー!という場合は、有料サービスを使いってください。

そうでなければ、無料サービスで送りましょう。

返信が来るかどうかはわかりませんが、それを待つことも、ワクワクしていいですよね。

今年は、大人も子供もサンタクロースに手紙を書いてみてはいかがですか?

僕も、欲しい物たくさんあるので、サンタクロースに手紙でお願いしてみようかな(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。