ホワイトデーなので、お返しに『グラノーラチョコバー』を手作りした。

俺の料理

こんにちは、SHOです。

バレンタインデーにチョコをいただいたので、そのお返しをせねば!! と悩んでいたところ「グラノーラチョコバー」なる美味しそうなお菓子がありました。買うより作ったほうがお金は安く愛情高く作れるので、手作りすることに!!

ホワイトデーのお返しに『グラノーラチョコバー』を手作りする!!

1.作り方

ネット全盛の時代、本などを買わずともレシピにありつけるのは、とてもとてもありがたいことでございまして、僕もネットにあったレシピを参考にさせてもらうことにしました。

それがこちらのレシピ。

大変分かりやすく書かれていたので、とても参考になりました。ありがとうございました。というわけで作り方は上記のリンクを参照して頂けると幸いです。

このレシピとは違う方法で作った部分もあるので、そこだけこの記事で補足させていただこうかと思います。

レンジではなく湯銭で溶かした

レシピではレンジを使ってるのですが、耐熱ボールが見当たらず僕は湯銭で溶かすことにしました。

チョコは素早く溶けてくれるのですが、マシュマロがなかなか溶けない!! そのためマシュマロとチョコが溶け合って混ざり合うまで、根気よく混ぜなければならず、腕が痛くなりました(笑)

混ぜ始めた後半に分かったのですが、ヘラでマシュマロを潰すように混ぜるのではなく、切るように混ぜていくとマシュマロは溶けやすくなるようです。

市販のグラノーラを使用

レシピではミューズリーを使っていますが、僕は朝ご飯にグラノーラを食べているのでグラノーラを使用しました。僕が使ったのは以下のクグラノーラ。糖質オフなのが気に入って購入しました(笑)

2.グラノーラチョコバー完成!!

グラノーラチョコバー

まだ切る前の状態のグラノーラチョコバーでございます。ほろほろと崩れてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、意外としっかりグラノーラとチョコがくっついているので大丈夫です。

グラノーラチョコバー

一口サイズに切ってお皿に盛りつけてみました。切った断面を見るとグラノーラがしっかりと混ざり合っているのがお分かり頂けると思います。

グラノーラチョコバー

アップにするとより分かりやすいかな。近くで見ると上手そうでしょう!! 作り方も上記のリンクからレシピを見てもらえれば分かりますけど、とっても簡単なのでホワイトデーのお返しにはもってこいなのではないでしょうか。

3.実食

つまみ食いをしたわけではございませんよ!? ちゃんと出来上がっているのか確認の実食です(笑)

食べてみましたところ、ほのかな甘さとグラノーラの食感、乾燥フルーツの酸味などが合わさっていて、とっても美味しゅうございました。ちょっとホワイトデーのお返しであげてしまうのがもったいないと思ってしまうほどに(笑)

最後に。

『グラノーラチョコバー』を初めて作りまして、簡単でおいしく作ることが出来ました。また冷蔵庫で保存しておけば溶けることはないですので、ちょっとしたおやつとして作り置きしておくのも良いかもしれません!!

みなさんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

では。