刑務所で車検を受ける方法と、車検の流れを教えます!!

車検を刑務所でも受けることが出来ます。

ですが、

どうやって受けるの?
メリットはあるの?

と疑問に思うのではないでしょうか。

僕も気になっったので、調べてみました。

といわけで今回は・・・

刑務所で車検を受ける方法

と言う内容で書いていこうと思いますよー!

<スポンサードリンク>

申し込みの方法

車検の受付は刑務者に直接するわけではありません。

刑務所に行き、塀の中へ入り受付をします。

中に入れば受付のようなものがあると思いますので、そちらへ行ってください。

受付の際には、ちょっとした質問をされることがあります。

その質問は・・・

どこでこのことを知りましたか?
だれからこのことを聞きましたか?

と言う内容を質問されることがあるようです。

刑務者から聞いたとなると、何かを持ち込まれたりする可能性もあるから、こういった質問をするのでしょう。

インターネットで知りました

と返答しておけば大丈夫だと思います。

費用は前金制になっている

刑務所で車検を申し込む場合、費用は前金制となっているようです。

一律なのかはわかりませんが、前金制となっているので、現金をしっかりと用意していきましょう。

車の中を調べられる

費用を払うと、車の中を調べられます。

タバコの吸い殻や、危険物(安全ピンやカッター等)落ちてしまった小銭等を徹底的に調べられます。

やはり刑務者の手に渡ってしまったら大変ですから、そこへ行く前に隅々まで調べるのでしょう。

刑務所にもっていく前に、ある程度危険そうなものを取りのぞいておけば、持っていってからスムーズに進めることができます。

取りきれなくても、警察の方がしっかりとチェックしてくれますので、心配しないで大丈夫です。

車検の期間どのくらい?

だいたい4日間程度かかるそうです。

月曜にもっていけば木曜には仕上がる感じですね。

ですが、土日を挟んでしまうと、その分期間が延びてしまうので注意しましょう。

月曜か火曜にもっていくのがベストですね!

<スポンサードリンク>

技術的な問題

自動車整備が刑務作業にある刑務所で車検を受けることになります。

ですので、それなりの技術を持った人が指導にあたり、チェックをしていると思われます。

東京の府中刑務所では、日産の方が指導に当たっているそうなので、安心して預けることができるでしょう。

生半可な作業をしてしまったら、職業訓練にはなりませんから、しっかりと行ってくれるでしょう。

府中刑務所に限らず、他の工場でもきちんと車検を行ってくれると思いますよ!

ですが、ディーラーなどに出すよりも、落ち度がでてしまうことは否めないかもしれません。

代車は・・・

残念ながら代車はありません

預けてしまったら返ってくるまで、車が無しという状況になります。

ですので、預けるときは、車が無くても困らない時に預けるようにしてください。

費用は・・・

費用は一般的な整備工場と比べると、だいたい4万円ほど安く済むようです。

工賃がかなり安いため、この費用で出来るんでしょう。

しかし、世の中には激安の整備工場もあり、そことはあまり大差がないようなので、そこまで格安!とは言えないかもしれません。

最後に・・・

刑務所で車検をするこは可能です。

費用も安く済みますし、技術も大丈夫そうです。

下準備として車の中を整理することは必要です。

ですが、費用はある程度安く済みそうなので、受けてみる価値はあると思います。

ですが車検の出来る刑務所は数が少なく、全刑務所のごく1部だけとなっています。

そこで、行える刑務所をまとめました。参考になさってください。

⇒⇒車検の受けられる刑務所地方別一覧

最後までお読みいただき、ありがとうございました。