小学校入学式の服装で、男の子をおしゃれでカッコよくするアレンジ集!!

子どもの晴れ舞台である「入学式」!

入学式で困るのは、子どもの服装ですよね。

この記事では、男の子の服装に注目してみようと思います。

男の子の服装は、スーツやブレザーがほとんどで、色も紺や黒が多いです。

ちなみに僕の入学式の服装は、紺のブレザースタイルでした。

決められたスタイルの中にも、カーディガンやベストを着させたい!

でも、周りと違うと浮いてしまうかもしれない!

このように思ってしまう親は多いのではないでしょうか?

というわけで今回は・・・

小学校入学式で、男の子の服装をカッコよくアレンジする方法!!

と言う内容で書いていこうと思います。

<スポンサードリンク>

入学式での男の子の服装

まずは、基本の服装を簡単に紹介していきましょう。

小学校入学式での男の子の服装は、「スーツスタイル」「ブレザースタイル」の2つがほとんどです。

(1)「スーツスタイル
上下同じ服でそろえて、ローファーや革靴でビシっと決めるスタイルです。

大人が着るとカッコよいですが、子どもが着るとカッコよさとかわいさをどちらも演出できます。

しかし、入学式で使ってからはあまり着る機会が無くなる、というのが痛いところです。

結婚式等で着る機会はありますが、子どもの成長は早く、いつのまにか着られなくなっていることが多いです。

(2)「ブレザースタイル
上下一緒ではなく、ブレザーを様々な柄のパンツと合わせるスタイルです。

ブレザーは紺系の色が多いので、パンツがグレーだったり、ストライプだったりしてとってもおしゃれです。

スーツスタイルよりも、柔らかくかわいさが強い服装と言えるでしょう。

スーツスタイル同様、入学式以降使う機会がほとんどありません。

僕は、男の子ならスーツスタイルでカッコよく決めさせたいなと思います(笑)

この2つのスタイルだけでもカッコよいですが、ちょっとしたアレンジを加えることで、さらにカッコよく決めることが出来ます!

<スポンサードリンク>

入学式での男の子の服装をカッコよくアレンジ

nyugaku_syougakusei

スーツスタイル、ブレザースタイルのどちらも、そのままでカッコよいです。

ですが、ちょっとひと工夫アレンジをするだけで、さらにカッコよく出来ます。

スーツスタイルはインナーにひと工夫、ブレザースタイルならパンツにひと工夫できると思います。

では、早速紹介していきましょう。

カーディガン

スーツスタイルは、中身がベストやネクタイだけなことが多いです。

そこへ「カーディガン」を着てみましょう。

一見カジュアルになりすぎてしまうと思うかもしれません。

ですが、インナーとして活用し、ネクタイと合わせることで、きれいにまとめることが出来ます。

しかし、赤や黄色などの主張の強い色だとカーディガンだけ浮いて見えるので注意が必要です。

しっかりとスーツの色に合わせてください。

例えば、グレーのスーツなら青、黒なら濃い緑などが良いと思います。

また、スーツの上着を羽織らずに、カーディガンだけという方法もあります。

かわいくまとめることが出来ますが、カジュアル感が強くなってしまいます。

その結果周りから少し浮いてしまう恐れがあります。

カーディガンを着る時は、あくまでインナーとして扱うほうが入学式では良いかもしれません。

入学式後、教室であいさつする時はカーディガンだけになっても良いかもしれませんね!

スーツの色を変える

スーツスタイルで主流なのは、黒や紺です。

この色を変えてみるというのも良いアレンジです。

少し光沢のあるグレーやこげ茶色等が、とってもカッコよいのではないでしょうか。

ほとんどの子どもが黒や紺の中で、目立つことは間違いないでしょう。

周りと違う服装で浮いてしまうかもと思う時は、普通に紺や黒にすることをお勧めします。

パンツの柄に気を遣う

ブレザースタイルの時に使えるアレンジです。

ブレザーは単色のことが多いので、パンツにアレンジを加えることでカッコよくできます。

細いストライプの入ったものやチェックの柄、ブレザーの色と合わせてみる等のアレンジがあります。

ネクタイを変えてみる

入学式の服装では、一般的なネクタイを付けることが多いです。

このネクタイを変えてみるだけでもカッコよさを出すことが出来ます。

例えば、スカーフタイプのアスコットタイ、蝶ネクタイなどがカッコいいと思います。

アスコットタイの場合は、襟元の開けてそこへ入れるように着ます。

カッコよいですが、子どもによってはチクチクして嫌がることもあります。

また、ごそごそと動くと思うので、きちっと入れていても記念撮影の時には乱れている可能性もあります。

蝶ネクタイは、コナン君のようになると想像してもらえたら良いです。

スーツやブレザーの柄に合わせましょう。

少しお坊ちゃま感が出てしまうかもしれませんが、おしゃれでカッコよいと思います。

ちなみに僕は、ブレザーに蝶ネクタイのをしていました(笑)

アレンジする際の注意点

親のセンスに合わせて、入学式の服装をアレンジすることは良いことです。

ですが、注意してほしいこともいくつかあります。

(1)子どもが嫌がったらやらない
入学式の主役は子どもです。

子どもが嫌がっているのに無理やり押し通すのはやめましょう。

せっかくの楽しい入学式が嫌な思い出として残ったらかわいそうですよね。

(2)やりすぎない
派手に、もっと派手にとやりすぎてはいけません。

入学式というお祝いの式典ですから、限度をわきまえてアレンジを加えるようにしてください。

インナーにひと工夫や、柄を変えてみる程度にしておきましょう。

最後に・・・

入学式の服装は、スーツスタイルやブレザースタイルが多いけれど、カーディガンやネクタイ、柄をにひと工夫するだけでカッコよく決められます。

僕なら、ブレザースタイルで淡いチェックの入ったもので上下合わせたらカッコよいかなと、想像していました(笑)

ちょっと目立ちそうですが・・・。

子どもの晴れ舞台ですから、子どもと相談して楽しくカッコよく決めちゃってください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。