ビブラートの練習方法で、簡単に出来る練習方法4選!!

歌が上手い人に共通していることのひとつに、「ビブラート」があります。

ビブラートが綺麗で上手だと、カラオケで聴いていてとっても気持ちが良いですよね。

しかも羨ましい(笑)

僕が大学生の時、ビブラートをかけまくればカラオケの点数があがる!と誰かが言いだし、皆で声を震わせていたことがあります。

それが正しいビブラートなのかも分からずに・・・。

でも、ビブラートとして認識された時は、多少点数が増えた気がします(笑)

歌を上手く歌うにはビブラートが不可欠です。

しかし、ビブラートの出し方ってわかりませんよね。

ひとつでも簡単な練習方法が分かれば、毎日練習して習得できる!

と言うわけで今回は・・・

簡単にビブラートが出せる練習方法!!

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

ビブラートとは一体??

ビブラートの練習方法を知る前に、ビブラートとは一体何なのかを見ていきましょう。

ビブラート(伊: vibrato)とは、演奏・歌唱において音を伸ばすとき、その音の見かけの音高を保ちながら、その音の特に高さを揺らすことである。

音の高さを保ちながら、その音を揺らすことを指すようです。

文章で見ると揺らすだけなら簡単そうだなと思いますが、やってみると難しいんですよね・・・。

ビブラートはどうやって出すのか??

ビブラートは、音の高さを保ちつつ揺らすということでした。

でも、どうやって揺らすのでしょうか。

ビブラートは、「お腹でかける!

ビブラートを出すには、横隔膜をコントロールして声帯に空気を送り込むことで、出すことが出来ます。

無意識に声が揺れていることもありますが、ビブラートは自分でコントロールできてこそ効果を発揮します。

なぜかというと、音楽は表現だからです。

ビブラートをかけて綺麗に歌うところ、かけずに力強く歌うところ等、歌によって表現が違います。

だからこそ、ビブラートは自分でコントロールして出さなければいけません。

では、簡単なビブラートの練習方法を見てきましょう。

簡単なビブラートの練習方法!!

karaoke_mike

ビブラートは、横隔膜を使い声帯を揺らして出すものでした。

ビブラートの練習は、声帯を揺らす感覚をつかむことが大事です。

ドギーブレス

まず紹介する練習方法は、「ドギーブレス」という方法です。

その名前の通り、犬のような呼吸方法をする練習です。

夏や走った後の犬は、舌を出してハッハッハッ・・・と細かく呼吸をしてますよね。

この真似をして呼吸してみましょう。舌を前に突き出す必要はありません。

①力を入れずに口をぽかんと開く。

②舌の力を抜く。

ハッハッハッ・・・と呼吸する。
※お腹のどこが動くかをチェックしておく。動く場所が横隔膜です。

ポイント
吐く息と吸う息の量が同じになるようにすること。
:出来るだけ長く持続して、繰り返し行うこと。

ドギーブレスは、横隔膜の場所を意識できるようになるまで続けてください。

意識できるようになったら、次の段階へ進みます。

①肩をあげずに、横隔膜のある場所まで吸いこむ。

20秒ほど息を止める。

③ハーッと一気に息を吐く。
※何度か繰り返して行う。

ポイント
:のどで雑音が入ったら失敗なので、綺麗に吐けるようにすること。

この方法をすることで、横隔膜の場所を意識できるため、声帯を揺らす感覚を掴めるようになると思います。

<スポンサードリンク>

2つの音程を交互に出す

声帯が揺れる感覚をつかむためには、2つの違う音程を出してつなげる練習をします。

①一息で「アー」という時に、「アー(ド)、アー(レ)、アー(ド)、アー(レ)、アー(ド)、アー(レ)」と音程を変えて出す。
※音程だけだと(ドーレードーレードーレー

②だんだんと、音程を変える速度を速くしていく。
※(ドーーレーードーレードーレードレドレ)という感じ。

③早くしていくと、声帯が揺れる感覚がある。

ポイント
:最初から、音程を変える速度を速くしないようにすること。
声帯が揺れる感覚をつかむことに意識すること。
:繰り返し行うこと。

この方法で、横隔膜を意識して声帯を揺らす感覚を掴めると思います。

地声と裏声を交互に出す

ビブラートを出すには、ピッチを取る筋肉を鍛えておく必要もあります。

地声と裏声を交互に出すことで、筋肉を強制的に鍛えることが出来ます。

①地声で「アー」と声に出す。

②裏声で「アー」と声に出す。

③地声と裏声を交互に出す。初めはゆっくり、だんだんと早くしてみる。

これで、筋肉を鍛えることができ、ビブラートを意識的に使えるようになっていきます。

実際に曲と合わせてみる

最初から曲に合わせると、なかなかできずに苦労します。

ある程度横隔膜を意識して声帯を揺らせるようになったら、曲に合わせて練習をしましょう。

早い曲や、音をのばすことが少ない曲だと練習になりません。

ですので、ビブラートの練習にはバラードを選びましょう。

また、自分の声が出しやすい音程の曲を選ぶと良いです。

曲でビブラートの練習をする時は、音をのばす時に意識してやってみると効果的です。

全体的に意識すると疲れてしまうので、部分的に練習するようにしましょう。

リズムに合わせてビブラートをが出せるようになります。

ビブラートの練習をする時の注意点

ビブラートの練習をする時に、いくつか注意してもらいたいことがあります。

(1)リラックス
体の力を抜き、リラックスすることが大切です。

体が硬くなっていると上手く声を出すことができません。

ですので、ビブラートの練習をする前に、深呼吸をして体をリラックスさせておきましょう。

(2)声量は多めに出す
小声でやっても、意味があまりありません。

しっかりと腹から声を出して練習してください。

他の人の迷惑になることがありますので、時間や場所に気を遣って練習してください。

(3)継続が大事!
たかだか1週間でビブラートが出来るようになると思ったら大間違いです。

最低でも3ヶ月~半年以上は続けて練習する必要があります。

だんだんとビブラートが出せるようになりますので、継続して頑張りましょう。

最後に・・・

ビブラートは、横隔膜を意識して声帯を揺らすことで出せます。

そのために横隔膜を意識する練習から始め、徐々に音程に合わせて練習もしていきましょう。

僕もビブラートが出したくて、自己流で練習していましたが、いまいちうまくいきませんでした。

この記事に書いた方法が試したことが無かったので、これから試してみようと思います!

一緒に綺麗なビブラートが出せるように頑張りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。