あたし的、嫉妬心との付き合い方。

嫉妬

どうも、あたしです。ちょっと最近オネェのような口調にハマっちゃったから、それで文章書いてみるわね。

皆は嫉妬したことってあるかしら? 多分ほとんどの人が「ある! 」って答えると思うの。かくいうあたしも嫉妬深い人間だからね。昔付き合ってた女の子が、長期休暇の度に元彼と密会を重ねていたってのを経験したから、余計に嫉妬深くなってしまったのかも(笑)

嫉妬をすると、なんだか心が落ち着かなくて愛する人に対して、憤怒の炎がたぎってくるわよね。わかるわ、メラメラと復讐心のようなどす黒い感情が湧きあがってくるのよね。それで結局、愛する人を責めたてて当たり散らして喧嘩して、これまで築いてきた関係がご破算…。何とも悲しい結末ね。

そして反省して「もう嫉妬なんかしないわ! 」って意気込んでみるけど、また嫉妬して同じことの繰り返し。ということはね、根本的に解決方法が間違っているってことなの。

<スポンサードリンク>

あたし的、嫉妬心付き合い。

嫉妬しても良いの。

だいたい自己啓発的な本を読むとね、「嫉妬、ダメ絶対! 」って麻薬防止のスローガンみたいに書かれてるけど、それが間違ってるのよ。いい? 嫉妬はね、しても良いのよ。しないほうがおかしいくらいに思ってなさい。

あたしが思うに嫉妬は、どの生物も持ち合わせている感情だと思うの。犬だって猫だって蟻だって、みんな嫉妬するのよ。だから生きていくうえで切っても切れない感情ってこと。それを無理やり我慢するわけだから、どっかで歪が出て結局我慢できなくなるわけ。

だからどんと構えて「あたしは嫉妬する人間よ!!」って思っておきなさい。

責任の所在は自分よ。

嫉妬しても良いと言ったけど、その感情のベクトルは調整しなきゃダメよ? だいたい嫉妬して憤怒の行為に走ってしまう人は、「責任の所在が相手」になっている場合がほとんどなの。「どうしてそんなことするんだよ!!」「ここまで尽くしてきたのに、なんでよ!?」って、どんどん相手に責任をなすりつけて狂っちゃう。

いい? 嫉妬をしても「責任の所在は自分」って思うことが大切。あたしの好きな言葉に「相手を変えるより、自分を変えたほうが早い」ってのがあるんだけど、嫉妬したら「どうして嫉妬しちゃったんだろう??」って自問自答して自分を変えることが必要だと解釈してる。

結局、自分に自信がないから嫉妬に狂ってしまうわけでね。自分に自信を付ければ良いのよ。だから肝に銘じておきなさい。「嫉妬をしても、その責任は自分にある」って。

<スポンサードリンク>

それだけの大きな愛

でもね、嫉妬をするってことは、それだけその人のことを想っているってことでもあるのよ。まあ、あたし個人の意見なんだけど。だって、想ってなかったら嫉妬なんかしないでしょう?? 別に興味のない人が、何かしても嫉妬なんかしないわよね。

だから嫉妬しちゃったら、「もっと愛して、どんどん愛して、嫌われて潔く散る」くらい、相手のことを想って愛してやりなさい。それで散ったら、その人はあなたにとって相応しくないだけのことよ。

最後に。

嫉妬って嫌なイメージのレッテルが貼られすぎてしまったわよね。ベクトルを間違わずに、自分を省みる原動力になるのなら、あたしはどんどん嫉妬して欲しいって思ってるわ。この文章で、誰かの心が少しは晴れやかになってくれれば良いんだけど。

それじゃ、またね。