コンテンツで集客をするには、ファンづくりをするべきなのか。

なんとなくでブログと言うモノを書きはじめ、早何年か過ぎましたが、未だに面白い部分を発揮できずにいます。プロブロガーと名乗る方々は、ブログのどこかに面白さを見出して憑りつかれた様に文字を入力しているのでしょう。

誰もが最初から面白さを発見できるとは思っていませんが、彼らがブログを面白いと感じ始めてたのには一つのポイントがあったように思います。

ファンが出来始めた。

Youtuber も然りですが、自分の創り上げたコンテンツが誰からも読まれていない時、モチベーションを保つのは大変です。しかしひとたび誰かから反応を得られるようになった途端、モチベーションは上がり、それ自体に面白さを見出すことができるのだと思っています。

ブログを書くことが面白くなるには、ファンが出来るというひとつのポイントがあっるのです。

ですが、僕の場合ある程度読んでくれている人は増えていますが、なぜだかそこから面白さへと繋がることはありませんでした。人に読まれたことによって僕のもとに舞い込んできたのは、広告収入と得体のしれない重圧でした。

面白いコンテンツを仕上げなければならないという恐怖に、僕は怖気づいてしまったのでしょう。それに、その後誰にも読まれないようなコンテンツを作ってしまったときの、これまた得体のしれない絶望感も僕から面白さを無くす要因だったと思います。

楽しく書いていないかった。

役立つ記事をと思い、あれやこれやと日常の疑問を調べまとめてコンテンツを作っていましたが、その作業が全くと言っていいほど楽しくありませんでした。特に新鮮なこともなく、ただひたすらに別に興味もない情報をまとめていただけですからね。当たり前のことでしょう。

もしこれからブログを書きたいと思う人がいるのなら、「楽しく書いて、ファンを作れ」と言いたい。あなたが楽しんで書いたコンテンツは、読む人も楽しんで読んでくれるはずですし、そこからファンになってくれる人も増えるでしょう。

他人本位ではなく、是非とも自分本位のコンテンツをたくさん創り上げていただきたい。僕はまだ面白さを見いだせていないので、地味地味やっていこうと思います。

では。