努力じゃなくて楽力『楽しむ力』を。

こんにちは、SHOでございます。久方ぶりに記事を書いておりますので、何とも拙い文章になりますけれども、どうぞ最後までよろしくお願いいたします。

努力が嫌い

僕は努力が嫌いです。誰に何と言われようと努力が嫌いです。こんなこと言いますと、「努力出来ないダメなやつ」なんて言われたりしますけど、本人がダメなやつだと思っていないので、なんら問題はないわけです。

しかしながら努力が嫌いというと色々と語弊が生まれてしまいそうなので、ちょっとばかし弁明を。

努力を努力と思いたくない、これが正直な意見です。努力と言うと能動的と言うよりも受動的な雰囲気があって嫌なのです。勝手な思い込みかもしれませんけども、努力をすると言うと嫌なことを頑張ってやっているような雰囲気があると思うのです。

努力は常に能動的ではならないと思っていて、自分の好きなことをただただまっしぐらにやっている状態であるべきだと思うのです。

努力じゃなくて楽力

努力が嫌いなので僕は「楽力」という言葉を使っています。楽力とは「楽しむ力」であり、自分から進んで行動しないといけない雰囲気を纏っています。どんなことでも楽しむ力を持つことによって、自分の天国に変えることができると思うのです。

以前、仕事で毎日同じルーティンワークをしていたことがあります。徐々にその仕事に飽きてきてつまらなくなり、面白くなくなっていきました。そんな時に「楽しむ力」を発揮し、昨日より早く終わらせるにはどうするべきかを考えたり、こなせる量を増やすにはどうするかを考えました。

すると今まで単調で面白くなかったルーティンワークが、楽しい仕事へと変わっていったのです。だって自分で考えて自分で動いた結果、楽しくて且つ素早く多くの仕事をこなせるようになっていたのですから。

楽しめていますか??

あなたは今自分のしていることを楽しめていますか?? つまらない、面白くないと思っていて上司からは「もっと努力をしなさい!!」なんて言われていやしませんか??

であるならば、あなたはまだ楽しめていないはずです。今の仕事を楽しく行うために、努力ではなく楽力、いかに自分が楽しく出来るのかを一度一生懸命考えてみてください。きっとあなたの仕事に何かしら良い変化をもたらしてくれることでしょう。

最後に。

頑張らなくて良い、努力しなくて良い、その代わり楽しんでみよう