座布団運びの山田くんで有名な、山田隆夫さんの講演を聞いてきた。

こんにちは、SHOです。

先日親類に頼まれまして、座布団運びの山田くんこと山田隆夫さんの講演会を聞きに行ってきました。笑点とずうとるびのイメージしかない山田くん。一体どのような話をしてくれるのでしょうか。

山田隆夫さんの講演会を聞いて…

1.笑う門には福来る

山田隆夫さんはこども大喜利でチャンピオンになるほど、笑いのセンスを持ち合わせた人で、講演会の中にもジョークを散りばめてくれました。そのどれもが落語家のような、言葉をうまく使ったものばかり。さながら笑点でも見ているかのようでした。中には笑点で聞いたことがあるようなものも(笑)

さらにオーディエンスへのレスポンスも素晴らしく、拍手が足りなければ「拍手するとこだよ!!」とか、笑ってほしくないことで笑われた時は「何があははだよ!!」と、会場をひとつにして盛り上げるのも上手でした。

このように講演の中に笑いを散りばめることで、山田くんは「笑いの力」の重要性を語っていたのです。山田くんは子どものころから大喜利に出たりして、笑いの中で生きてきた人です。こども大喜利でチャンピオンになったおかげで、ずうとるびとしてデビューさせてもらったり、座布団運びになれたり。

その陰にはもちろん山田くん自身の努力もあったと思いますが、山田くんは常に笑顔でいたからこそ、これらの福が自分に巡ってきたのだと言います。

まさに「笑う門には福来たる」というわけです。山田くんは講演でこれを一番伝えたかったのです。

2.感謝の気持ちを忘れない

山田くんが住んでいる近くには「山田神社」というのがあるらしく、そこで神様の名前を呼び毎日感謝を告げているそうです。

決して自分だけの力でここまで来たわけでは無く、陰に誰かの力が必ず働いていて、いつも助けられてきたとのこと。普段はいじられている山田くんに対して、歌丸さんが「もし新しい回答者を入れるのなら、変な落語家より山田くんを入れる」と言ってくれたこともあるそう。

毎日自分が生きていられること、自分のしたい仕事をさせてもらえていること、健康であこと、家族が仲良しであること、子宝であること。普段の何でもないことでも、感謝を告げることで、自分の気持ちが前向きになれるし、毎日が充実していくのだそうです。

3.山田くんは歌が上手かった

ずうとるびとしてアイドルデビューを果たし、しかも紅白歌合戦にも出場を果たした山田くん。焦点の挨拶で歌を歌うシーンが多いが、わざと音程をはずして音痴にしているのだそう。

それを証明するために、講演会の場でわざわざ「みかん色の恋」と「上を向いて歩こう」を熱唱してくれました。もちろん音響などが安いから歌うのが難しいのだ!! とハードルを下げまくってはいましたが(笑)

録音は禁止されていたので、山田くんの歌声を聞きたい人はYoutubeでどうぞ。

山田くんの生歌、全然音痴ではありませんでした、むしろ上手だなと思えるくらいの歌声で、焦点の挨拶はなるほど縁起であったんだなと思わせてくれました。

4.不動産でがっぽり

山田くんがマンション経営をしているのは有名な話。それは子どもの頃から土地を持っておきなさいと言われていたことが始まりだそうです。土地を持っておけば、近くに駅ができていずれ利用価値がでてくるからと、親に言われ若いうちに土地を買っておいたそうです。

その通りに事が運び、近くに駅が登場。そして山田くんはそこにマンションを建設。そのころ山田くんはずうとるび・座布団運びで有名になっていた為、自分のネームバリューを利用し、「山田くんのマンション」として借り手を募集。

すると空き部屋が出ることはなく、常に満室状態だったそうです。ビジネスのセンスもしっかりと持ち合わせていたのですね。

しかも一年で2棟のマンションを建築。ひとつは東日本大震災の影響を受けたらしいですが、しっかりとした鉄筋の構造であったため、びくともしなかったそうです。そのおかげでまた人気が跳ね上がったりしたとのこと。

これから関係の書籍も出したいそうなので、興味のある方はお読みになってみるとよいでしょう。

最後に。

笑点でいじられている山田くんですが、ただの座布団運びではなく、様々なことをして成功してる素晴らしい人でした。

では。