駐車場の最大料金の料金計算には注意が必要。

こんにちは、しょうです。
 
いつも当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
 
飲み会などで出かけたり、ちょっとした用事で駐車場を使う機会がたくさんあります。
 
私の家は繁華街から遠いため、車で出る必要があり、よく市営の駐車場を利用しています。
 
最近の駐車場には必ずと言っていいほど「最大料金」という表示が書かれています。
 
私はこの最大料金の意味がいまいち理解できませんでした。
 
長時間駐車場を利用する時には、とってもお得に停められるということは理解できるのですが、料金計算がちょっと分からずにいました。
 
そこで調べてみました。
 
今回は・・・
 
駐車場の最大料金とは
 

 
<スポンサードリンク>
 
 

駐車場の最大料金とは

駐車場には、「30分100円、入庫後24時間最大料金1000円」といった表示が書かれています。
 
30分100円というのは簡単に理解できますが、後半の「入庫後24時間最大料金1000円」というのは、どういう意味なのでしょうか。
 
これは、「入庫してから24時間以内であれば1000円で停められます」ということなのです。
 
しかし、30分100円ず料金が上がっていくはずですから、どう考えても1000円で停められるはずがないですよね・・・。
 
実は、「料金メーターが1000円になると、それ以上あがらなくなり、24時間以内であれば1000円で停められるよ!」ということなんです。
 
例えば、「夜の18:00~翌朝6:00」まで駐車したとしましょう。
 
もしも30分100円計算の場合、12時間×200円になりますので、最大料金設定が無い場合2400円かかる計算になります。
 
しかし最大料金1000円とされているので、実際には2400円かかっているけれど、1000円で大丈夫ということなんです。
 
もしも長時間駐車する際は、この最大料金が安い駐車場を使い、駐車代を安く済ませるほうが良いでしょう。
 
この最大料金ですが、注意品ければならないこともあります。
 
<スポンサードリンク>
 
 

最大料金で注意しなければならないこと

1.1日しか適用されない

最大料金1000円の駐車場に2日間停めたら、2000円という請求額にはならないので注意が必要です。
 
基本的に24時間以内ならばという文言が書かれている場合は、1日間だけの適用になります。
 
もしも2日間停め続けた場合、料金計算は運営している会社によって異なりますが、2000円以上はかかってしまいます。
 
思いついた裏ワザとしては、一度出してすぐまた入れるという方法を使えば、2000円でもやりくりできるのではないでしょうか。
 

2.表示が小さい

最大料金!とでかでか表示されていますが、2日間連続の場合は、24時間以降の料金に最大料金が適用されない!ということは小さく書かれている場合が多いです。
 
このことで問題が起こることもしばしばあるようです。
 
大きな看板に書かず。料金を支払う機械に書かれていたり、併設されている自動販売機の後ろに書かれていたりするので、しっかりと確認してから利用するようにしてください。
 
何も分からずに停めて、多く支払わないように注意しましょう。
 

最後に・・・

駐車場の最大料金は、長時間駐車する人にとって、とてもありがたいサービスではありますが、意外なところに落とし穴があったりするので気を付けましょう。
 
できるだけ駐車代を安く済ませるためにも、駐車場の利用方法は知っておくと良いですね!
 
私も駐車場は結構利用するので、うまく利用して駐車代を安く済ませる工夫をしてみたいと思います。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。