オナイウ阿道選手はハーフでスピードとジャンプ力で相手を圧倒できる選手。

こんにちは、しょうです。
 
いつも当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
 
U-23五輪代表のアジア最終予選メンバーが発表され、鈴木武蔵と同様でハーフのオナイウ阿道選手がFWで選ばれました。
 
鈴木武蔵選手は不動のエースとして君臨していますが、交代のワンポイントとしてオナイウ阿道選手の活躍は期待されています。
 
さてここまでオナイウ阿道選手の名前を書いてきましたが、いったいどのような選手なのでしょうか。
 
一緒にみていきましょう。
 
というわけで今回は・・・
 
オナイウ阿道選手はどんな選手なのか
 

<スポンサードリンク>
 

オナイウ阿道選手のプロフィール

  • 国籍:日本
  • 生年月日:1995年11月8日(20歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:180cm
  • 体重:74kg
  • 在籍チーム:ジェフユナイテッド千葉
  • ポジション:FW
  • 利き足:右足
  • 趣味:散歩
  • 特技:寝ること
 
オナイウ阿道選手は、ナイジェリア人の父と日本人の母のハーフであり、身体能力とそのポテンシャルはかなりのものだと言われています。
 
2015年シーズンは公式戦4ゴールという結果を残しています。
 
まだ20歳の育ちざかりで、フル出場も果たし、得点もあげられているというのは、オナイウ阿道選手にとってかなり素晴らしい経験になっていることでしょう。
 
特技が寝ることというのも、若さの証拠ですし、今の若者っぽくていいですよね(笑)
 

1.鈴木武蔵と違うオナイウ阿道選手の特徴

さて、ここからは五輪代表でポジション争いを繰り広げる鈴木武蔵選手ろは違うオナイウ阿道選手の特徴を紹介しましょう。
 
  1. ジャンプ力
  2. フィジカル
 
スピードとドリブル、裏に抜けるのが特徴の鈴木武蔵選手とは違い、オナイウ阿道選手はジャンプ力とフィジカル力があるという特徴があります。
 
持前のジャンプ力で、コーナーキックやクロスの的となることができ、自分でゴールを狙えたり、囮となって他の選手のゴールを演出することもできます。
 
そしてフィジカルを活かしたポストプレーも出来るでしょう。
 
中盤が運んできたボールを一度前線に収めることで、2列目3列目の選手がどんどん前線に上がることができ、攻撃の幅を広げることができます。
 
この時にオナイウ阿道選手のフィジカルで相手を背負いつつも、ボールをおさめキープする役目をこなすことができれば、面白いサッカーにつながります。
 
バイエルンのレヴァンドフスキみたいになったら最高ですね!
 
<スポンサードリンク>
 

オナイウ阿道選手はこう使ってほしい

五輪代表監督の手倉森さんがどのようなフォーメーションや采配をするのかは分かりません。
 
しかし現在の五輪代表メンバーは南野選手、久保選手、鈴木選手、中島選手など、かなり強者が揃えられています。
 
その中でオナイウ阿道選手は、FWとして前線でボールを収めてキープできる選手だと思うので、鈴木選手との2トップでポスト役に回ってほしいなと思っています。
 
もちろんチャンスがあればどんどんシュートを狙ってほしいですが、2列目3列目の選手を上手に活かせるタイプになると思うので、ポストプレーでどんどん中盤の選手を活かしてほしいです。
 

最後に・・・

これからの日本代表を背負っていく若き侍たち、彼らが最終予選を突破し、五輪の舞台で羽ばたくことを祈りましょう。
 
それぞれの選手が自分の持ち味を発揮すれば、必ず素晴らしいサッカーになると思いますので、頑張っていただきたいと思います。
 
私は新潟県出身なので、鈴木武蔵選手を応援していますが(笑)
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。