喪中時は、初詣に行ける?行けない?

お正月が近づき、新年をまもなく新年を迎えます。

新年を迎えると、家族・友人と初詣に行きますよね。

例えばその年が喪中だった場合、初詣って行けるのでしょうか?

喪に服してお祝いごと等は控えなければいけないですが、本当のところは一体どうなっているのでしょうか?

というわけで今回は・・・

喪中時の初詣は行っても良いのか??

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

喪中と忌中を間違えないで

喪中の前に、忌中(きちゅう)があります。

忌中とは、「亡くなった人の魂がまだこの世に残っている期間」を言います。

この忌中の期間は、近親者の祝い事への参加は控えなければなりません

その人が亡くなったことに関して喪に服していなければならないのです。

その期間は、神道で50日間仏教で49日間です。

よく49日の法要という言葉を耳にしますが、これは、この法要で忌中が終わることを意味しています。

要するに、49日の法要が終われば普段通りの生活に戻れます。

神道で50日というのは、神棚に50日間白い紙等を貼り、寺や神社への参拝を控えなければならないのですが、50日が経ったら、紙をはがして普段通りに参拝できるのです。

次に喪中についてです。

喪中とは、「自分がその人の死を受け入れるための期間」を言います。

この期間は、何かで定められているわけではなく、自分で決めます。

まだ心の底で悲しみを抱えているのであれば、喪中と考えて良いでしょう。

世間の意見では、一周忌が終わるまで喪中とすることが多いようです。

ですが、喪中は忌中と違い、社会的に何かをしてはいけないという規則がなく、自分の気持ちや気分次第ということになります。

この忌中と喪中を勘違いしている方が多いようで、本当に祝い事や参拝をしてはいけないのは忌中の時なのです。

忌中に参拝してはいけない理由

神社の場合、死を穢れ(けがれ)と捉えます。

神社にある鳥居は神様の世界と人間の世界を分ける物で、鳥居の内側は穢れのない神様の世界とされています。

ですので、その中へ穢れを持ち込むことは、神様にとって良くないことなので、忌中の期間は参拝をしてはいけないのです。

軽い気持ちで、忌中に参拝へ行くと、自分だけでなく、他の参拝客へ迷惑をかけますので、忌中時に初詣に行かないようにしてください。

<スポンサードリンク>

喪中の時の初詣

喪中時に初詣に行く場合は、自分がその人の死を受け入れることが出来ていて、悲しみを乗り越えられているならば、行っても良いですよ!

少しでも、悲しみの気持ちが残っているならば、行かないほうが良いかもしれません。

また、喪中の期間は個人で変わってきますが、家で決まっていることがあります。

ある家では一周忌が終わるまでだったり、ある家では49日が終わったら大丈夫だったり、様々です。

ですので、それぞれに従うのが賢明だと思います。

喪中時の初詣は基本的には行くことができますのでお間違いのないように^^

忌中だけどどうしても参拝がしたい

毎年の恒例として初詣に行かなければならない、家のしきたりで絶対に行かないといけないなど、どうしても参拝しなければならない状況もあります。

その場合は、お寺に行くようにしましょう。

お寺は死への考え方が神社とは違って、穢れとしてとらえることは少ないです。

お寺は、仏教の修行の場として建てられていますので、そもそも根本が神社とは違っているんです。

詳細はこちらの記事に書いてありますので、参考になさってください。

⇒⇒神社とお寺の違いと参拝方法が丸わかり!

どうしても行かなければならない時は、お寺へ参拝をすれば、何ら問題はありませんよ!

まとめ

▼忌中の時はお祝いや参拝をしてはいけない
▼喪中の時はお祝いも参拝もしても良い
▼どうしても参拝する時はお寺へ

今まで、喪中の時でもお祝いや参拝をしてはいけない、と一般的に言われていました。

ですが調べてみると、全くの正反対だったんですよね!

ですので、喪中の方は安心して初詣に行ってください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。