紅葉狩りの意味は、時代と共に変化していった!!

秋になると、この言葉を良く耳にしませんか?

紅葉狩り

僕は、この言葉を聞くたびに、紅葉なんて狩って何が楽しいんだ?

いや、そもそも紅葉狩りって何すんだ?

意味が分からない・・・。

という思いが脳の中を駆け巡ります(笑)

同じように考えたことがある人もいるのでは?

ずーっと疑問に思っていても、もやもやし続けるだけなので、思い切って調べてみることにしました!

というわけで今回は・・・

紅葉狩りの本当の意味に迫る!!

と言う内容で書いていこうと思います。

<スポンサードリンク>

紅葉狩りの意味とは!?

紅葉狩りの意味を調べてみると、いくつかの説が出てきました。

ですので、その中でも多かった説を紹介したいと思います。

紅葉ではなく、動物を狩っていた!?

その昔、秋になると動物を狩る遊びを行っていました。

シカなどの動物を狩って、食材にでもしていたのでしょう。

ということは、紅葉狩りの「狩る」は、動物を狩るの意味で使われていたようです。

では、「紅葉」はどういう意味になるのでしょうか?

秋になると、紅葉が真っ赤に紅葉して印象に残りますよね。

それはこの当時も一緒で、秋といえば紅葉という概念がありました。

ようするに、「紅葉」には秋という意味が含まれていることが分かりますよね。

以上のことを整理すると・・・

  • 紅葉・・・
  • 狩る・・・動物を狩る

そう、

秋に動物を狩る

ということが、紅葉狩りの意味になります。

また、紅葉の真っ赤な色がシカなどの肉の色に似ていたから、「紅葉狩り」という説もあるようです。

<スポンサードリンク>

自然を愛するという意味

動物を狩る意味だと、説明しましたが、狩りをしていたのはかなり昔の話。

貴族と呼ばれる人達が登場してくると、狩りをする意味ではなくなってきます。

貴族は、動物を狩るという野蛮な行為は全くしませんでした。

庭で蹴鞠をついているイメージが強いですしね(笑)

したがって、時代が進むにつれて、紅葉狩りの意味が変化していきます。

時は平安時代。

平安時代の貴族は、狩りや自分の足で歩くことを下品だとしていました。

しかし、四季折々に表情を変える自然をこよなく愛していました。

時期が秋になり、紅葉が紅葉し山がきれいに色づきました。

歩いて観に行けばきれいなのですが、貴族はそれをしません。

そこで、庭先の紅葉の枝を少し折り、手のひらに紅葉を載せて鑑賞したり、家来に山へ行かせ、紅葉の枝を持ってこさせたりしました。

そこで川柳をや短歌を詠んで遊んでいたんです。

以上のことを整理すると・・・

  • 「紅葉」・・・そのまま紅葉
  • 「狩る」・・・求めてとったり、鑑賞したりすること

紅葉などの自然を愛して鑑賞する

という意味になります。

ちなみに、狩るという言葉を古語辞典で引くと、

(花や草木を)たずね求めて観賞する。

※Weblio

こんな意味が出てきます。

このように、時代ともに「紅葉狩り」の意味は変化していきました。

今では、紅葉の名所へ訪ねて、鑑賞するという意味で使われるのが一般的ですね。

最後に・・・

「紅葉狩り」

調べてみると、日本人は自然が大好きなんだなということが伝わってきました。

だってそれ自体を、言葉にして現代まで残して使っているのですからね。

この秋は、紅葉狩りに行ってみてはいかがですか?

喧騒から離れて、自然を眺めることで気持ちがフッと楽になることもあるかもしれませんよ。

僕は、ぶどう狩りとかのほうが好きですけど(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

『紅葉狩りの意味は、時代と共に変化していった!!』へのコメント

  1. 名前:月見団子の由来は形にあり、地域ごとに月見団子の形も様々!! 投稿日:2015/08/11(火) 17:25:07 ID:5384f30d1 返信

    […] ⇒⇒紅葉狩りの意味は、時代と共に変化していった!! […]