正しいマスクの付け方で、花粉をしっかり防ごう!!

マスクでメガネが曇ったり
隙間が空いていたり

しっかりとマスクが付けられていない人が多いことを、皆さんは知っていましたか?

意外と、正しいマスクの付け方はあまり知られていないんです!

ほとんどの人が間違った付け方をして、効果が0%になっちゃっているんです。

ということで今回は・・・

正しいマスクの付け方

と言う内容で書いていきましょう。

<スポンサードリンク>

正しいマスクの付け方

それでは、無駄のないマスクの付け方を簡単に教えていきましょう!

隙間を空けないように

市販のマスクには、「99%カット」という表示がありますよね。

しかしマスクに隙間が空いていると、そこから空気が漏れ出してしまい「99%から0%」になってしまうのです!

出来る限り隙間を空けないように、肌に密着させる必要があります。

では、マスクを密着させてつけられる方法を紹介していきましょう。

空気が漏れない付け方

鼻が隠れる位置にマスクを付ける

②両手で鼻の筋に合わせて何度も押しみ、密着させていきます。

③折り目を広げて、アゴが隠れるようにします。この時広げすぎないようにダメですよ。

④呼吸をしてみて、苦しくないようなら大丈夫です。

⑤息が漏れているようなら、その部分を押さえて密着させていきましょう。

⑥どうしても入らなかったり大きいなと感じた時は、サイズを変更してみましょう。

このように付けると、空気が漏れずに「99%が99%」のままマスクを付けることが出来ますよ。

<スポンサードリンク>

上下と裏表を間違えない

上下と裏表を間違えると、上手に付けることが出来ません。

マスクの効果も半減してしまいます。

では、上下を間違えない方法を紹介していきます。

上下

上下を間違えないポイントをここで押さえておきましょう。

鼻まわり用の針がねが付いている方
マスクの折り目が下向きになるように

この2つのポイントを押さえれば、上下がさかさまになることがありません。

裏表

次に、裏表を間違えないポイントを押さえていきましょう。

マスクの折り目になるのが表
ゴムひもの接着部が外側にあるのが表

裏表を逆につけてしまうと、折り目に花粉やほこりがたまり、逆効果になってしまうので注意してくださいね!

最後に…

正しいマスクの付け方をすれば、花粉やほこりを防ぐことが出来ます。

ちょっとでも付け方を間違えただけで、ほこりのカット率は下がり、マスクの効果は激減してしまうのです。

花粉症の予防のために、上に書いた方法でしっかりとマスクを使い、予防しましょう!

僕も花粉症なのですが、今までマスクの付け方を知らず、適当に付けて過ごしていました。

おかげで全く花粉を抑えられている感じはなく、鼻はずっとムズムズしていました。

今回マスクの付け方を知れたので、今年はいつもより楽に過ごせるかな!というか過ごしたいな(笑)

花粉症の人も、花粉症でない人もマスクは正しくつけて、しっかり予防しましょう!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。