原稿用紙での、数字の正しい書き方を伝授!!

誰しも原稿用紙を使って作文をしたことがあると思います。

小学生時代に読書感想文で原稿用紙を使ったことが多いでしょうか^^

そんな皆さんに質問です。

原稿用紙に数字はどうやって書いていましたか?

原稿用紙での数字の書き方って、正しい書き方知らずに書いてませんでしたか?

100を書くときに「百」にしたり、無理やり1マスに入れてみたり・・・。

結局どう書いたらいいのか分かりませんよね。

というわけで今回は・・・

原稿用紙での正しい数字の書き方

と言う内容で書いていこうと思いますよー!

<スポンサードリンク>

桁数によって書き方が変わる

実は数字を原稿用紙に書くときは、桁数によって書き方が変わるんです。

2桁の数字

10」や「20」という2桁の数字は・・・

1マスの中に横向きで書く

2014y11m25d_231817537

原稿用紙に数字を書くとき、1マスの中に縦向きで書いていた人が多いのではないでしょうか?

実は横向きで書いたほうが良いんです!

縦書きの原稿用紙では縦書きが原則となっているのですが、数字の場合はその原則も当てはめなくても良いのです。

2桁の数字なら1マスに縦書きでもなんとか入れることができそうですが、3桁となると厳しくなりそうですよね・・・。

3桁の数字

100」や「200」といった3桁の数字は・・・

1文字ずつ縦書き

2014y11m25d_231114934

2桁は1マスに収めていましたが、3桁になると1マス1文字になります。

ちょっと昔には1マスに3桁を収めることも、普通にやられてたそうです。

それは当時、1字分に3個数字を並べる活字があったからなんです。

今では、コンピュータで印字するときに、数字を1マスに並べにくくなり、数字が小さく見えにくくもなるので、縦に1文字ずつ数字を書くようになりました。

それ以来、原稿用紙でも1マスに1文字ずつ書いていくようになったのです。

それ以上の桁数

1000」や「10000」という4桁以上の桁数は・・・

1文字ずつ縦書き

3ケタと同じ書き方をしてください。

実は4桁以上の数字を書く方法は、もう1つあったのです。

それは・・・

1マスに2文字ずつ縦書き

2014y11m25d_231835814

2桁の数字を書く方法を引用するんです。

この方法は偶数の桁数でしか綺麗に使えない方法です。

4桁・6桁の数字を書くときに使いましょう。

かなりすっきりと書くことができ、たくさん文字を書きたい人にはオススメの方法だと思います。

ここまで数字の書き方を紹介しましたが、もう1つわからないことがあります。

それは・・・

漢字?数字?

という問題です。

そのことについて、紹介しましよう。

<スポンサードリンク>

漢字なの?数字なの?どっちなの!?

原稿用紙に数字を書くときは漢字を使ったほうが良い!ということが多く言われていると思います。

確かに、先ほどのようなルールがありませんし、全て1マス1文字で書くことができますからね。

しかし、最近では新聞でも数字で書くことが増え、原稿用紙でも数字で書いても良い!と考えられるようになりました。

2014y11m25d_231628670

この画像を見てもらいたいのですが、1つは漢字で書いたもので、もう1つは数字で書いたものです。

どっちが見やすいですか?

きっと多くの人が数字だと答えるのではないでしょうか。

漢字で数字を表記すると、見にくくなり数字を間違えてしまう可能性があるんです。

だからと言って数字を使いなさい!というわけでもないのです。

ですので、原稿用紙を提出する相手によって、数字か漢字かを使い分けましょう!

提出先によって変えよう

漢字と数字どちらを使っても良いのですが、原稿用紙を提出する相手によって使い分けましょう。

相手といっても一概に決まってはいません。

上司や先生などたくさんの相手がいると思います。

例えば、読書感想文を提出する先生が「数字は漢字で書いてくださいね!」等と言っていた場合は漢字で書きます。

このように相手が漢字と言えば漢字で、何も言わなかったらどちらでも良いというように考えておいてください!

最後に…

原稿用紙の数字の書き方で悩まなくて済みます!原稿用紙を使う機会なって滅多にないのですが、ちゃんとした書き方がわかっていると、安心して使うことができますよね。

僕はもっぱらコンピュータで文章を打つことが多いので、原稿用紙を使ったときは、しっかりと書けるように覚えておこうと思います!

実際は、書き方よりも中身を見られますから、中身は手を抜かないように頑張って書きましょう^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。