洗濯物に付いたティッシュは、取り方次第で簡単に綺麗に取れる!!

ポケットの中を見忘れて、ティッシュと一緒に洗濯しちゃった!

こんな経験ありませんか?きっと誰しも1回は経験していると思います。

僕も独り暮らしを始めた大学時代から、何度も何度もやっちゃっています。

ティッシュって1度洗濯してしまうと、服にからみついて全然取れないから段々イライラしてきちゃったり・・・。

服をパタパタして振り落してもちょっと残っちゃうから、思いっきりパタパタしてみるけど服が伸びちゃいそうで怖いし・・・

もっと安全な取り方はないものか。

気になったので調べてみました!!

というわけで今回は・・・

洗濯物に絡まったティッシュの簡単な取り方

と言う内容で書いていこうと思いますよ!

<スポンサードリンク>

乾燥機で乾かすと取れる!?

まずは、乾燥機を使った方法を紹介。

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s

最近はどこの家庭にも乾燥機付き洗濯機が出回っています。

無いという家もあるでしょう。

無い時はコインランドリーで乾燥機を借りましょう。

方法はいたって簡単なので、瞬時に覚えることが出来ます。

方法
①乾燥機に洗濯物を入れて、20分間乾かす。

たったこれだけの作業で絡みついたティッシュを取ることが出来ます。

この方法は昔やっていたテレビ番組の「伊東家の食卓」で紹介されていました。

とっても簡単な方法なのですが、1つだけ欠点をあげるとしたら、乾燥機の中にティッシュのクズが溜まってしまう恐れがあることです。

溜まってしまうと次使ったときに、乾かしている洋服にティッシュがくっついてしまったりして、手間になります。

ですので、定期的に洗濯漕の中を掃除しクズを取り除く必要があります。

なので、自宅の乾燥機を使うよりコインランドリーでやったほうが、掃除の手間が省けるのでいいかもしれません。

お金はかかってしまいますが、数百円ですので安いと思いますよ。

以上のことに気を付けて行えば、とっても簡単ですので試してみてくださいね!

乾いてから地道に取る

続いて、地道な方法を紹介します。

というより、皆が良くやる方法ですね。

服が縮む可能性があるから、乾燥機は出来るだけ使いたくない!自然乾燥が良い!という方は結構多いのではないでしょうか。

服の種類によって乾燥機を使う使わないを、区別していることも少なくないでしょう。

乾燥機でティッシュを取る方法を使いたくない時は、地道な方法を取るのが一番安全です。

では方法を紹介しましょう。

方法
①洗濯物をパタパタし、ある程度のティッシュを落とす。

②干して乾かす。

③乾いたら、コロコロやガムテープで取り除く。

一番ポピュラーな方法ですよね。

個人的には、ガムテープだと粘着力が強すぎて服の繊維が毛羽立っちゃいますから、コロコロを使うことをオススメします。

コロコロのほうが労力も少ないですしね(笑)

何でも楽にしようと考える僕です^^

服が大量にある場合は、子供と一緒に遊び感覚でやれば、楽しく出来るのではないでしょうか。

子どものお手伝いにもなりますし、夏休みや冬休みの間だけでも、一緒にやることをオススメします!

食器洗いスポンジで取る!?

続いて、食器洗いスポンジで取る方法を紹介します。

7603a882d01a4ba804259acc83bf4f14_s

この画像のような、片面がスポンジ、反対面はザラザラしているスポンジを使ってティッシュを取り除いていきます。方法はコロコロを使う時と同じです。

方法
①洗濯物をパタパタし、ある程度のティッシュを落とす。

②干して乾かす。

③乾いたら、スポンジのザラザラしたほうで、優しく服の表面を撫でていきましょう。

簡単な方法ですが、気を付けてほしいことがあります。

それは、決して強く擦らないということです。

服の繊維が荒れてしまい、服がダメになってしまう可能性があります。

絶対に優しくなでてください。

特に傷つきやすい繊維のものや、生地の薄いものは注意してやるようにしてくださいね!

<スポンサードリンク>

靴下の中に詰まったら!?

続いては、靴下の中に詰まったティッシュを綺麗に取り除く方法を紹介します。

靴下の隅に詰まってしまうと、なかなか取り除くのが難しいですよね。

指でも届きませんしね・・・。

実は、簡単に取る方法があるんです。

割り箸を使う

割り箸で、隅に詰まったティッシュを掻き出して取りだすことが出来ます。

割り箸は、指よりも細くてとんがっているので、奥のほうに詰まったティッシュを取ることに、とっても適していますし取り出しやすいのです!

あまり奥をぐりぐりと割り箸でかきだしてしまうと、穴が開く原因にもなりますので、ご注意ください。

それでも取れないものがあったら、次の方法を試してください。

爪楊枝を使う

4fb55b32275a2953c745ae9e73b8cd8b_s

割り箸よりも細くとがっていますので、割り箸の届かない範囲も取ることが出来ます。

先端がとがっていますので、手や服を傷つけないように注意しながらやってくださいね。

優しくそっと行えば、そんなに傷がつくことはないと思います。

最後に・・・

服に絡みついたティッシュは、意外と簡単に取り除くことが出来るようです。

今まで、苦労しながら取っていた人も、乾燥機を使ったり、コロコロなどを使うことで、綺麗に取ることが出来ます。

個人的なオススメとしては、あまり労力のかからない乾燥機ですね。

ただ乾かすだけで、取ってくれるのですから、使わない手はないですよね!

まぁ洗濯をする前に、ポケットにティッシュが入っていないかをチェックすることが、一番大事なことなのかもしれませんけどね(笑)

でも、たまに忘れちゃうことがあるんですよね!

そうなったら、上の方法で簡単に取っちゃってください!!

僕も今度から、乾燥機で取り除こうと思います!(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。