くせ毛は、乾かし方で改善できる!!

くせ毛と戦う日々にうんざり
あちらこちらにはね放題で、落ち着かない
ヘアスタイルを作るのが至難の業

くせ毛に悩む人は多いですよね。

僕もくせ毛で、はねるというより、うねります。

だから髪の毛を中途半端な長さしていると、前髪やもみあげがうねりだしてしまい、ワックスで整えようとしても全くまとまりません・・・。

どうにかしてはねを抑えたい
どうにかしてうねりを抑えてい(僕の願望)
くせ毛でも好きなヘアスタイルをしたい

という悩みを解決するために、調べてみました。

というわけで今回は・・・

くせ毛の改善方法

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

くせ毛の改善方法

くせ毛を改善するには、風呂上りの対処が大事!

お風呂から出て最初にタオルドライをします。

このタオルドライをしっかりとした方法で行うと、くせ毛を抑えることができるのです。

早速、タオルドライの方法を紹介していきましょう。

タオルドライの方法

58543632e2c15d9d1b492aca88ef0c5c_s

髪全体を包むように、水分を取り除く。
最初からワサワサと髪を拭かず、頭の上にタオルを載せ、フワッと包むようにします。頭の上、横、後ろ、前と全体的に水分を取り除いていきましょう。

ゴシゴシせず、ポンポンと叩く。
①である程度表面の水分を取り除けたら、いよいよタオルで髪の毛を拭いていきます。ゴシゴシと力強く拭かず、優しく力を入れずポンポンと叩くように拭きます。 

※濡れた髪の毛はダメージを受けやすいので、ゴシゴシ拭いてしまうと、表面に傷がついて、くせ毛の原因になります。

根本から毛先に向かって水分を取り除く。
最後は、根本から毛先に向かって、優しく包む込むように水分を取っていきます。髪の毛の短い人はやりにくいかもしれませんが、両手で包み込むようにしたらやりやすいです!

ポイント
・タオルドライでは「半乾き」くらいまで水分を取り除くこと。
半乾きにすることで、ドライヤーの時間が短くなり、熱によるダメージを軽減することができます。これはにより髪の毛へのダメージを防ぎ、枝毛や切れ毛の予防に効果があります!

タオルドライはこのような方法でやってください。

この乾かし方をするだけでも、かなり違いが生まれます。

僕も実践してみたのですが、普段よりも髪の毛を落ち着かせることが出来ましたよ!

<スポンサードリンク>

くせ毛を落ち着かせる

タオルドライが終わったら、いよいよドライヤーです。

ドライヤーのかけ方に気を遣うと、さらにくせ毛を防ぐことが出来ます。

ドライヤーでの乾かし方

097972

<乾かし方>

振りながら広範囲に当てていく。
ドライヤーは髪の毛から15cm以上離し、左右に振りながら当てていきましょう。この時、熱を逃がすようなイメージで当てていくと良いです。

※なぜドライヤーを左右に振るのかというと、髪の毛は1か所に熱を当て続けるとダメージを受けて、くせが強くなりやすくなってしまうからです。

風は上から下に当てていく。
下から上に当ててしまうと、キューティクルを閉じ込められません。ですので上から下に風を当てることで、しっかりとキューティクル閉じ込めてツヤをだすことができます。

ブラシはほどほどに
何度も何度もブラシを通してしまうと、髪を傷めることに繋がります。ブラシで髪の毛をとかすときは、優しく軽く引っ張るイメージを意識してください。

なるべく手ぐしを利用
ブラシを使うと髪の毛にダメージを与える可能性があるので、手ぐしを活用しましょう。手ぐしをする際は、表面的に通すのではなく、根元から通すようにします。また軽く引っ張るようにすると、くせを落ち着かせることができます。ですが、強く引っ張りすぎると、髪の毛へダメージを与えてしまうので注意してください。

冷風で固める
熱を与えた髪の毛は乱れやすいので、最後に冷風を軽く当てていきます。冷風をあてることにより、キューティクルが壊れにくくなり、髪の毛につやを与え、くせも抑えることが出来ます。

ポイント
・左右に振りながら、手ぐしで根本から乾かす
・ダメージをなるべく与えないようにする

この2つのポイントを押さえて、ドライヤーで乾かせば、くせ毛をしっかりと抑えることに繋がります。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、毎日やることで慣れていきます。

さらに効果もあがっていきますので、実践してみてくださいね。

オススメドライヤー

最近では、ドライヤー本体にくせ毛を防ぐ機能がついていたりして、ドライヤーが高性能になっています。

というわけで、くせ毛を防ぐのに良いドライヤーを紹介し抵抗と思います。

数あるドライヤーの中で、くせ毛に効果があるのはマイナスイオン付のドライヤーです。

なぜマイナスイオン付ドライヤーが良いのかと言うと、マイナスイオンにも髪の毛を綺麗に保つ効果があるからです。

では、マイナスイオン付ドライヤーを人気順で紹介していきます。

<1位>

熱すぎず、風も強いのでとても使いやすいです。

さらに軽くて持ちやすいのが特徴です。

<2位>

少し重さが気になりますが、風量は申し分ありません。

温風と冷風の切り替えスイッチが簡単に押せるので、使い勝手は良さそうです。

ですが間違えて切り替えスイッチを押してしまい、勝手に切り替わってしまうこともがあるそうです。

<3位>

値段は張りますが、それだけの機能が備わっています。

ナノケアで髪の毛のダメージを軽減し、キューティクルを髪の毛にしっかりと残すことが出来ますよ!

まとめ

くせ毛で悩んだときは縮毛をかける前に、乾かし方を変えてみるとくせ毛を防ぐことに繋がるかもしれません。

僕も乾かし方を気にし始めてから、髪の毛が絡みにくくなりましたし、寝癖も落ち着き、髪型を作ることも簡単にできるようになりました。

まだまだ慣れていないので、ぎこちない乾かし方になっていますが、それでも十分効果は出ています。

是非試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。