ジェットコースターを克服したいなら、この方法を使え!!

皆さんはジェットコースターに「わー!!」「きゃー!!」と叫びながら、楽しんで乗ることができますか??僕は乗ることができません。絶対に乗れないというわけではなく、少しだけ恐怖心が出てしまうんですよ。

誰もがこう思うはずです。「せっかくジェットコースターに乗るなら、恐怖を克服して楽しんで乗りたい」と。しかしジェットコースターの恐怖を克服する方法があるのでしょうか??

というわけで今回は「ジェットコースターの恐怖を克服する方法!!」をご紹介!!

<スポンサードリンク>

ジェットコースターが怖い理由

ジェットコースターが怖いと感じる理由には、以下の3つがあげられます。

  1. ふわっと感(エアタイム)
  2. 高所恐怖症
  3. ジェットコースター製作側の意図

1.ふわっと感(エアタイム)

座席から体が浮き上がる「ふわっと感」は、通称エアタイムと呼ばれており、ジェットコースターが怖い理由のナンバー1だと、個人的には思っています。きっと多くの人が「ふわっと体が浮かび上がる感覚」に恐怖を覚えていることでしょう。

しかし、この「ふわっと感」を克服しない限り、ジェットコースターを存分に楽しむことはできないのです…。

2.高所恐怖症

高所恐怖症、これはジェットコースターが怖い理由ナンバー2だと思います。ゆっくりゆっくりと焦らすように高い所まで上り、そこから低い所へ一気に急降下。高所恐怖症の人はこの文章を読んだだけでも、体中に鳥肌を立てていることでしょう。

きっとジェットコースターに乗っている最中は、とんでもない拷問を受けているような、とてもとても辛い気持ちを味わっているのかもしれませんね…。

かくいう僕も少し高所恐怖症なんです。初めてジェットコースターに乗った時は、怖くて怖くて目を瞑ってしまい、周囲を見渡すことなんてできませんでした。

しかし高所恐怖症も少しは克服しておかなければ、充分にジェットコースターを楽しむことはできません。

高所恐怖症の克服方法はこちらに詳しく書きましたので、ご参考にしてください。

参考記事

高所恐怖症を克服するための5つの方法!!
「吊り橋が怖い」「屋上から下を見れない」「飛行機に乗るのが怖い」など、高所恐怖症はとても厄介というか、なかなか生活への支障が大きい恐怖症である。中には、少しの高さでも恐怖を感じてしまう人もい...

3.ジェットコースター製作側の意図

ジェットコースターのカーブには、右回りが多いことを知っていますか??人間は何かから逃げたり恐怖している時、無意識に左へ曲がることが多いのだそうです。そこでジェットコースターでは、この法則を基に敢えて右回りを多くしているとのこと。意地悪ですよねほんと…。

意識では左に行きたい!!でも強制的に右に行かされてしまう!!」という恐怖が、一層僕たちの恐怖心を煽るわけです。もうね、これは克服のしようがありませんよ…。ですから、甘んじて受け入れるしかないようです。

さてここまで、ジェットコースターが怖い3つ原因を説明してきました。その中で実際に克服できるそうなのは「ふわっと感」と「高所恐怖症」と言えるでしょう。

この2つを克服して、尚且つジェットコースターを楽しく乗る方法を紹介していきましょう。ここで紹介する方法は、僕の独断と偏見で選んだ方法ですので、効果には個人差があります。あらかじめご了承くださいませ。

<スポンサードリンク>

ジェットコースターを克服する方法

ジェットコースターを克服して楽しく乗るには、以下の4つの方法があります。

  1. 座席は真ん中に乗る
  2. 絶対に目をつむらない
  3. ふわっと感と仲良くする
  4. リラックスする

1.座席は真ん中に座る

ジェットコースターは、「地面が見えて落ちる感覚が芽生えやすい前方」と「スピードや重力が1番強くなる後方」の座席に座ると、恐怖が増すと言われています。

ですので、その「中間である真ん中の座席」に座ることをオススメします。真ん中の座席には、「前にも後ろにも人がいて人がいる安心感」や「スピードも重力もそこまで強くない」という2つのメリットがあります。

しかしデメリットもあります。それは前方から順番に座らされていくため、自分がどこの座席に座らされるのか分からないということです。本末転倒でございます(笑)

運よく真ん中の座席に座ることが出来れば、2つのメリットの効果により心なしか余裕をもって乗ることができるでしょう!!

真ん中の座席に座れなくてもジェットコースターを克服する方法はまだあります。ですので座れなかった時は、以下の方法を試してくださいませ。

2.絶対に目をつむらない

高さの恐怖や速さの恐怖にさらされ、ついつい目を瞑ってしまいます。その気持ちよーく分かりますが、目を瞑ると一層恐怖心を芽生えさせてしまいます…。

なぜ恐怖心が芽生えてしまうのかというと、「他の感覚が研ぎ澄まされ、周囲の全てに敏感になること」と「コースの先が見えず、先の見えない恐怖を感じる」という2つの問題が発生してしまうからです。

「他の感覚が研ぎ澄まされ、周囲の全てに敏感になる」と、マシンが風を切る音やの軋む音などが大きく聞こえたり、肌に触れる風すらも強く感てしまいます。また「コースの先が見えず、先の見えない恐怖を感じる」と、次にどちらに曲がるのかが分からず、頭の中で自分の体勢などを予測することができなくなります。

一度目を瞑って乗るとお分かりいただけますが、本当に怖いですよ。僕はフジヤマで目を瞑ってしまい、最初から最後まで恐ろし程の恐怖に見舞われた経験がありますので(笑)

僕たちは目からほとんどの情報を得ていると言われています。そのため、しっかりとコースの先を目で見てコースを把握し展開を予測することで、恐怖心を和らげることができるのです!!

周囲の全てを見なくても良いです。ただ目線は「」に、ただただ「」に向けておきましょう。それも出来ない時は「足元」を見ておけば大丈夫なはずです。

先ほどフジヤマで恐ろしい恐怖心に襲われたと言いましたが、その後しっかり目を開けて前を見ながら乗ったら、最後まで楽しく乗ることができました。だからこの方法は効果があると断言しましょう!!(笑)

いいですか、ジェットコースターに乗っている時、決して目を瞑ってはいけませんよ!!

<スポンサードリンク>

3.ふわっと感と仲良くする

ジェットコースターには「坂を下る時」「カーブする時」「急上昇急降下する時」など、体が浮く瞬間が多くあります。このふわっと感は無くすことができません。無くすにはジェットコースター自体を廃止にしなくてはなりません(笑)

しかし、この感覚を軽減させたり感じないようにすることはできます。それには「重力に逆らわない」という方法を使います。

ジェットコースターに乗ると身体に強い重力がかかり、この重力に逆らうことで強いふわっと感に襲われます。したがって、できるだけ重力に体を預けることができれば、ふわっと感を軽減することができるはずです。

それには座席の座り方が大切になってきます。多くの人が座席に体を押し付け、体全体を堅くして座っていると思います。この姿勢では体全体が強ばって鉄板みたいになってしまい、重力に逆らい続けるはめになります。

重力に逆らわずふわっと感を軽減させるには、以下のような座り方を心掛けてみてください。

  • 坂を下る時は「少し腰を浮かせるように意識」する
  • カーブの時は「カーブの傾きに合わせて体を傾けるように意識」する
  • 上っている時は「背もたれに体を預けるように意識」する
  • 全体的に「体の力を抜くよう意識」する

いずれの方法もジェットコースターの動きに逆らわないようになっています。動きに逆らうこと自体がふわっと感を生むきっかけになってしまいます。

きっと乗っている最中にこれを意識することは、相当難しいと思います。というか意識できるならばジェットコースター怖くないですよね(笑)

ですので難しいことは考えず「体を動きに預けるという意識」だけを持って乗ってみましょう。きっといつもより楽に乗れている自分に気付くはずですよ!!

4.リラックスする

いきなり「克服するにはリラックスだ!!」と言われても、出来ねーよ!!と言いたくなりますよね。僕も深呼吸しておけば大丈夫だぜ!!と言われましたが、実際全然大丈夫じゃありませんでしたから(笑)

ですから最初は無理にリラックスを考えないようにしましょう。リラックスリラックスって思っていると余計にリラックスできなくなるのが人間というものですから。

ですのでやることはただ1つ。それは「声を出す」こと!!声を出すことで体の緊張がほぐれ自然とリラックスに向かっていきます。とりあえずジェットコースターに乗ったら声を出しときゃいいさ!!と思っておいてください(笑)

しかし乗っている最中に恐怖のあまり声も出せない、という人もいらっしゃることでしょう。僕もその一人でした。怖くて怖くて声なんかどっか行って帰ってきませんでした…。恐怖のあまり声が出ないことって本当にあるんだなあと実感しました(笑)

ですので、乗っている最中に声を出すという意識よりも「上っている時に声を出そう!!」と意識してください。落ちる前から「もうすぐだ落ちるなあ!!」とか「いえーい!!」「たかーい!!」「こわっ!!」と叫んでおきましょう。これが意外と効果的で、乗っている最中にもリラックスして声を出しながら乗れちゃいます!!

最後に・・・

ここに書いた克服方法を試せば、その日から皆さんはジェットコースターが楽しく感じられるようになるでしょう。なんか暗示みたいになってますが(笑)しかし、これらを試しても怖くて無理だと言う人は、無理して乗らないように!!自分の体調に合わせてジェットコースターを楽しみましょう。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。では。

『ジェットコースターを克服したいなら、この方法を使え!!』へのコメント

  1. 名前:トッティー 投稿日:2016/03/23(水) 16:33:42 ID:12ed4ba4c 返信

    これで、USJ 頑張ります!

  2. 名前:トッティー 投稿日:2016/03/23(水) 16:35:00 ID:12ed4ba4c 返信

    これでUSJの、ジェットコースター頑張ります!

  3. 名前:トッティー 投稿日:2016/03/23(水) 16:37:09 ID:12ed4ba4c 返信

    これでUSJの、ダイナソー・ハリウット頑張ります!

    • 名前:SHO 投稿日:2016/03/26(土) 10:33:27 ID:9a4983d99 返信

      トッティさん、コメントしていただきありがとうございます。

      USJの新アトラクションに乗られるのですか!羨ましい!!
      この記事に記したコツが、少しでも恐怖をやわらげて楽しめることを願っております。

  4. 名前:猫梨 投稿日:2016/08/16(火) 17:10:52 ID:1d18571a2 返信

    小さい子用のジェットコースターにも乗れない僕ですが・・・。
    ふわっと感と仲良くして、頑張ってみようと思います。

    • 名前:SHO 投稿日:2016/08/24(水) 17:28:05 ID:d26b558cc 返信

      猫梨さん、コメントしていただきありがとうございます!
      小さい子供用のジェットコースターはおとな用よりも怖かったりしますから、意外と大人向けのジェットコースターは乗れてしまうかもしれませんよ!
      しっかりと背もたれに体を預けて、リラックスしてジェットコースターにも体を預けてしまいましょう!
      乗れるようになることを祈っていますね!

  5. 名前:のんの 投稿日:2017/01/07(土) 17:16:43 ID:fb49dc06e 返信

    これで友達と乗れます!前まで怖くて下で待ってたりしてたのでやっとなります。ユニバに行っても楽しいことがあんまりなかったのでこれで乗れて慣れたら最高ですよね!頑張ります( ^ω^ )

    • 名前:SHO 投稿日:2017/01/25(水) 18:47:13 ID:cca1aba2a 返信

      のんのさん:

      コメントしていいただきまして、ありがとうございます。

      ユニバに行って何も乗れないと、なかなか思い切り楽しむことができませんよね。
      無理をしない程度に、身体を慣らしながら乗れるようになることを祈っています!

  6. 名前:かなってぃー 投稿日:2017/04/05(水) 19:54:20 ID:a73b073db 返信

    USJのジェットコースターフルコースチケット(私が勝手に呼んでるだけ)親が買っちゃって、彼氏と行くことになりました………。ずっと怖くない方法探してて、、、参考にしてみようと思います
    何年も乗ってなくて、食わず嫌いってのと同じなのかもしれないですが…
    ありがとうございます*.(๓´͈ ˘ `͈๓).*

    • 名前:SHO 投稿日:2017/04/06(木) 10:09:32 ID:2255709f6 返信

      その不安が食わず嫌いで終わっている事を期待しております。最初に乗るジェットコースターで楽しい‼︎ と感じられれば、後は全て楽しめると思いますよー。

      どうか楽しいデートになりますように。

  7. 名前:アニメ大好き名無しさん 投稿日:2017/09/06(水) 22:36:18 ID:db7ec762b 返信

    目を瞑ってて吐きそうになった訳だ

    • 名前:SHO 投稿日:2017/09/19(火) 10:26:38 ID:f07f3af10 返信

      アニメ大好き名無しさん:
      コメントいただきまして、本当にありがとうございます。
      目を瞑ると次の展開を予測できないため、脳内でパニックが起こるのかもしれませんね。
      あっちに傾き、こっちに傾きで、ぐるぐるになって終いには吐瀉…。

      三半規管を鍛えるのも一手なのかもしれないですね。