【厳選】幽霊とかおばけに会えたら、どうしても聞きたい5つのこと。

僕は幽霊とかおばけがいてほしいと思っている。むしろ絶対にいる!! とさえ思っている。だっていてくれたほうが、死んだ後の楽しみが増えそうでしょう?? ま、幽霊になって何ができるのか分かりませんけど。

だからさ、一回幽霊に会いたいのよ。幽霊に会ってさ、あれやこれやと質問攻めにしてやりたいのよ。そしたら、死んだ後スムーズにいろいろできそうじゃん。死後の人生満喫したいから、聞いてみたいことを記事にしてさ、幽霊からコメントくるのを待ってみようと。

幽霊さんにどうしても聞きたいことー!!

1.女風呂は覗けますか??

大事、これはとっても大事。覗けないなんていう回答が来たら、幽霊と言えど天国の果てへ殴り飛ばしてやるぞ。

やっぱ覗きたくもなるでしょう。生きてきて何度も女風呂を覗いてみたいと思うよね。多くの男性がそう思っているはずだよ。女性の読者さんには申し訳ないけども、一回は覗いてみたいものなのよ。

幽霊になればさ、壁とかすり抜けられるらしいし人から見えないでしょう?? これって覗き放題だと思うんだよ。だからさ、幽霊さんお願い教えて!!

「覗ける」以外の回答は、お待ちしておりません。

2.死んだミュージシャンのコンサートとかやってる??

死ぬ前に一度、「Michael Jackson」のコンサートを見たかったんだよ。なのに亡くなっちゃって今じゃお空の上でしょう?? さすがに空の上まで会いに行くのは大変だから、死んでからコンサート行こうと思ってるわけさ。

でもさ、天国でコンサートをやってるのかってことは分からない。もしかしたら何にもそういう催事なんてないのかもしれない。ずっとボケーっとしているだけの世界かもしれない。それはつまらないけどね…。

逆にね、美空ひばりと Michael Jackson のコラボとかさ。もしかしたら上杉謙信と武田信玄が腕組んでカラオケ大会してたりさ。そういう感じの天国であってほしいんだよなぁ。そこのところどうなの!? 教えて幽霊さん!!

というかすり抜けられて人から見えなければ、生きているミュージシャンのライブ行きたい放題じゃん?? 

何も開催されていないという回答は、受け付けておりません。

3.夜の営みはできるの??

死んで幽霊になってもしたいじゃない。やっぱり僕も男でしょう?? そういうことには興味や関心が尽きないわけさ。

よく色情霊って聞くけど大抵女性でしょ。男の色情霊って聞いたこと無いじゃない。もしかしたら天国では、男性に限りそういったことは禁止!! とかいう条令でも出てんじゃないかって心配なのよ。

別にね、幽霊になってバレないからって、好きな芸能人の家でウフフなことをしたいわけじゃないのよ。幽霊になったもの同士でも夜の営みが出来るのかってことが気になるわけさ。「ヤンデレ」ならぬ「シンデレ」みたいなのがいっぱいいるわけでしょう(笑)

顏から血を流しながら「好きよ」なんて言ってこられた日には、怖くて怖くてもう一回死んでしまいそうだけど、なんか楽しそうでしょう?? そこらへんどうなの?? 教えて幽霊さん!!

できません!! という回答は、受け付けておりません。

4.写真に写りこむと何かお金とかもらえるの??

心霊写真、撮れたことないんだけどさ。どうして写りこんでくれないの?? ギャラ的なものがあるのかね。「あいつは安いぞ」「こいつは高い」みたいな。写りこむ場所とか人によって、ギャラの差があってさ。僕の写真はギャラが安いのかねぇ…。

幽霊だって、なんにもしないわけにはいないじゃない。ちょっとした働き口を見つけてさお金稼がないとダメでしょう?? それで「心霊写真産業」みたいなのがあってさ、写りこんだ分だけギャラが支払われるみたいな。

じゃなきゃさ、あんなに写りこもうなんて思わないでしょ。いちいち温泉旅館まで付いていって待機してさ、シャッターチャンスの逃さず写りこむわけじゃない。お金とか出てなかったら普通しないよなぁ。

だからさ、やっぱろギャラとかもらってるんでしょ?? そこのとこどうなの?? 教えて幽霊さん!!

高いギャラが支払われるコツ、お待ちしております。

5.天国と地獄ってどんな場所??

死んだ後行く場所だからさ、気になって仕方がないのよ。天国と地獄ってぶっちゃけてどんなとこなわけ?? もしかしたら両方とも存在しないとか?? 

天国はマイアミみたいなさ、ビキニにマッチョ・海に白い砂に青空でさ、皆どんちゃん騒ぎしてるみたいな。地獄はさ、温泉みたいな。おっきな火山があって温泉がいたるところで湧いてるの。そこで疲れを癒すみたいな。そんな楽観的な想像をしてるんだけど、実際どうなのよ?? お願い教えて?? 幽霊さん!!

どっちも天国やん!! というツッコミお待ちしてます。

まだまだ聞きたいことは沢山あるけど、あんまり書き過ぎると幽霊さんに愛想を吐かされそうだから、この辺にしておくよ。

最後に。

コメントしてくれた女性幽霊さんの中から抽選で、僕の枕元に色情霊として立てる権利を差し上げます。ご応募はコメント欄にてお願いいたします。では。