ホールケーキを綺麗に切るための5つのポイント。

ホールのケーキを綺麗に切るのは意外と難しいですよね。私はホールのままスプーンを入れて食べていたので、きっと切って!と言われたら大失敗することでしょう。

そんな時に困らないために、ケーキ屋さんから「ケーキを綺麗に切るための5つのポイント」をご教授していただいたので、皆さんにも紹介したいと思います。

<スポンサードリンク>

ホールケーキを綺麗に切る方法

1.冷蔵庫で冷やす

ケーキが綺麗に切れない理由として生クリームが溶けているからということがあげられます。そこでまず冷蔵庫で冷やしましょう。決して冷凍庫に入れてはいけませんよ。

カット寸前まで冷やしておくのがベストらしいです。

2.包丁を温める

包丁を人肌くらいに温めましょう。熱湯をかけてもいいですし沸騰しているお湯に入れてもいいです。必ず人肌くらいになるまで冷ましてから使ってください。

包丁を温めることで、生クリームやバターを溶かしつつ切ることができるので、ケーキの切り口がとっても綺麗になります。

3.包丁は縦向きで真上から入れて切る

よく包丁を横向きにして切ることがありますが、やめましょう。横向きに包丁を入れて切ってしまと、包丁の切り口向かって両脇のケーキが吸い込まれて形が崩れてしまうことになります。

なので包丁は縦向きに真上から差し込んで、その後もまっすぐ包丁を下しながらゆっくりと切っていきましょう。

<スポンサードリンク>

4.1切れずつ切る

半分にしてさらに半分!という切り方をする方が多いと思います。しかし半分にされたケーキはバランスが悪く、切る時にとても不安定になります。これもケーキが綺麗に切れない原因となってしまいます。

そこで1切れずつ切っていくようにしましょう。1切れずつ切ることでケーキは安定したまま切れるので、とっても切りやすくなるそうです。

しかしそれだと等分するのが難しいですよね。そんなときは「何等分?」というアプリを使うと便利です。

「何等分?」というアプリ

5.切ったらその都度生クリームをふき取る

1切れ切った後、包丁には生クリームがついています。そのままにして次を切ってしまうと、次のケーキの表面が汚れてしまう可能性があります。

そこで一度切ったら清潔なお湯で絞ったタオルを使ってふき取って上げましょう。もったいなければふき取る前に指ですくって食べてからでも構いません(笑)

この5つの点に気を付けてホールケーキを切ると綺麗に切ることができますので、やってみてください。

最後に・・・

こんな記事を書いているとお腹が空いてきますね。というか食べたくなります。親切な方ケーキを送っていただいても構いませんよ?(笑)できればチーズケーキで!

では楽しいケーキライフを!