毛布の使い方は、正しい使い方で保温効果UPが期待できる!!

皆さんは毛布をどうやって使っていますか?

体と掛け布団の間にかけるよー
敷布団と体の間にいれているよー

きっと人によって使い方がバラバラだと思います。

人によって使い方がバラバラということは、毛布の正しい使い方を知らない人が多いんでは?

家ではこうやってるから
昔からこうやって使ってたしなー

きっと誰かから伝えられた方法で毛布を使っていると思います!

僕は、体と掛け布団の間に挟んで使っていますが、本当のところはどうやって使うのか知りません・・・。

毛布を正しく使ったらもっと暖かく過ごせるかもしれない!そう思い、調べてみました!

ということで今回は・・・

毛布の正しい使い方

と言う内容で書いていこうと思いますよ!

<スポンサードリンク>

毛布の効果を最大限に活かす使い方

寒い寒い夜が来ると、毛布の出番です。

毛布をかぶるだけでかなり温かさが上がり、気持ちよーく眠ることが出来ますよね!

でも、その使い方が正しくなくて、熱を逃がしてしまっているとしたら?

実は、毛布の熱を逃がさず快適に過ごせる正しい使い方はあったのです!

では、毛布の効果を最大限に活かして、もっと効果的に使える方法をお教えしましょう!

毛布を一番上にしよう

毛布には、羽毛やウールなどといった、動物性の繊維を使ったものがあります。

この動物性繊維の毛布の使い方は、一般的に使う方法とは全く違います。

動物性繊維毛布の性質

この素材の毛布は、体温と外気温の差を感じ取り、保温を調整するような性質を持っています。

体温と外気温の差が大きければ大きいほど、熱を保温すつ力は大きくなっていきます。

逆に外気温との差がない時は、保温をせず熱を逃がすようになっています。

正しい使い方

動物性繊維の毛布は、性質上、外気温に触れる場所になければ、その効果を十分に発揮することが出来ません。

ですので・・・

掛け布団の上にかけましょう!

動物性

驚いた人は手を挙げてください(笑)まさかの掛け布団の上なのです!!

掛け布団の上に置くことで、体温で温まった掛け布団と外気温の差を感じ取り、積極的に保温しようとしてくれます。

しかも温かくなってきたら、保温をいったん止めて熱を逃がし、調度よい温かさを保ってくれるのです。

寒い夜は動物性繊維の毛布を使って、積極的に保温して使うととっても効果的なんです!

植物性繊維と化学繊維の毛布

先ほど動物性繊維の他に、毛布には綿や麻などの植物性繊維と、ポリエステルといった化学繊維の毛布があります。

動物性繊維の毛布と違って、体にまとわりつく感じが少ないのが特徴です。

まとわりつかいない分、とても軽くて重さを感じないので寝やすいるのですが、保温効果が期待できないのが問題なのです。

毛布が軽すぎる為、寝返りを打つたびに隙間が出来て、どんどん溜まった熱を放出してしまいます。

ですので、植物性繊維や化学繊維の毛布を使う時は、熱を逃がさないように工夫して使う必要があるのです。

<スポンサードリンク>

正しい使い方

植物性繊維と科学繊維の毛布は、いかに熱を逃がさないようにするかということが大切になってきます。

ですので・・・

体と掛け布団の間に敷きましょう

動物性化学繊維

毛布自体が軽くすぐ動いてしまうので、掛け布団で重しをするというわけです!

これによって毛布がずれにくくなり、溜まった熱が逃げなくなるので、ずっと温かく熱を保つことが出来ます。

番外編

布団の中でも、とっても暖かいとされる羽毛布団。

羽毛布団は空気をたくさん溜めて、ふかふかにして使うため、カサが高くなっています。

これは、高い空気の層を作ることでかなりの保温効果を生み出しているのです。

ですので、掛け布団の上に毛布をかけて使うと重たくなってしまったり、保温効果を上げすぎて暑くなってしまうので、毛布使わないようにしましょう。

羽毛布団はタオルケット等を使ったほうが、適温に保温することができるのです!

毛布を使わないほうが、暖かいことがあるのです。

最後に…

正しい使い方を知ると、毛布の繊維によって使い分ることが分かりました!

動物性…掛け布団の上、植物性&化学繊維…体と掛け布団の間というように、使い分けをしっかりと行えば、適した温度で保温することが出来て快適に眠ることに繋がります。

今まで、あまりそこへ気を遣わずに使っていた人は、この機会に使い方を変えてみてはいかがでしょうか?

僕も今まで、こんなことに気を遣っていなかったので、夜中に寒くて目が覚めてしまうことが良くありました。

正しい毛布の使い方で、朝まで暖かい布団の中でぐっすりと快眠をしていと思います。

もともとあまり睡眠を長時間取る方ではないのですけどね(笑)

短時間でも、暖かく快眠できるなら、やってみる価値は大です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。