心が折れるを、心が折れないに立ち直す4つの方法

何かに挑戦して失敗してしまったとき、あなたの心はどうなりますか??

  1. 折れる
  2. 折れない

失敗の度合や、テンションの下がり具合によって1・2のどちらにもなりますよね。

でも、確実に「折れそうになる」経験はします。

僕も何度も「折れそうになる経験」をしました。

その後、心は「折れる」ことが多かったですが・・・。

心が折れて、折れて、折れて知ったことがあります。

それは、心が折れないようにする方法です。

僕だけに効果がある方法なのかもしれません。

ですが、皆さんの心を折れないようにできる方法かもしれません。

というわけで今回は・・・

心が折れるを、心が折れないにする方法

と言う内容で書いていこうと思います。

<スポンサードリンク>

心を折れないようにする方法

早速ですが、その方法を紹介していきます。

本当は、心が折れる原因などを書いていった方が良いのかもしれません。

でも心が折れる原因は人それぞれに存在していると思います。

ですのでここではあえて書かないことにしました。

その代りに、おころが折れないになる方法を詳しく紹介したいと思っています。

少しでも力になれたら幸いです。

1.ため込むのは危険なこと

失敗したり、すごく落ち込んでしまったりしたとき、発散することはできていますか??

発散できているよ!という人もいるでしょう。

しかし、ほとんど人が発散できずに心の奥にため込んでしまっているのではないでしょうか。

僕も、どちらかと言うとため込んでしまう人です。

辛い感情をため込んでいくと、次への意欲が湧きにくくなります。

いつまでたっても前に進むことができないのです。

すると、もう1歩続けていれば良い結果になるかもしれないのに、そこで心が折れて諦めてしまうことに繋がります。

心が折れないようにするには・・・

辛い感情を発散すること

これがとっても重要になってきます。

辛い感情を発散するには・・・

  1. ノートに書いて発散
  2. 誰かに話して発散
  3. 体を動かして発散
  4. とりあえず寝て発散
  5. お酒で発散
  6. 美味しい物を食べて発散
  7. 買い物をして発散

ざっと7つの方法をあげました。

この7つは心が折れそうになったとき、僕が実際に行っている方法です。

僕は3番の「体を動かして発散」をよく実践しています。

これ以外にも辛い感情を発散する方法はあると思います。

そして、どれも効果があるわけではないでしょう。

沢山あるうちの3つくらいが、自分に適した発散方法だと思います。

半信半疑でもかまいません。

それでもまずやってみることが大切です。

どうせ発散なんてできないよ!

そう思いながら実践してみたら、思いのほか発散できた。

そうなれば儲けものですよね!^^

どれでも良いので1つ試してみてくださいね。

2.小さいことからコツコツと

例えばAくんが・・・

東大合格!

という目標を掲げたとしましょう。

Aくんは目標を達成するために、東大の赤本を買ってきました。

さぁやるぞ!と意気込んで赤本に取り掛かったは良いですが、全然解けません。

解けないとAくんのやる気やモチベーションが、どんどん下がっていきます。

そして・・・

はぁ、東大なんて受かるわけないよな・・・

Aくんの心は折れかかりそうです。

ここで考えてほしいのは、なぜAくんの心が折れそうになってしまったのかということです。

少し考えてみてください。

正解は・・・

Aくんが高跳びしすぎていたこと

最初から赤本に手を出してしまったのが原因です。

やる気があるからこそ赤本に手を出したのだと思います。

しかし、いきなり赤本に挑戦しても、たくさん正解するなんて至難の業です。

これで心が折れてしまうのも時間の問題です。

ですので心が折れないようにするには・・・

簡単なことからコツコツとする

これがとっても大切なんです。

今回は受験を例にしましたが、他のことにも当てはまります。

1つの料理を作りには、多くの過程を経ますよね。

何事も簡単なことを積み重ねていった結果なんです。

心が折れそうになったら、2,3歩下がって簡単なことをやりましょう。

そして、「出来た!」という達成感を味わいましょう。

この達成感が心が折れないように繋ぎ止めてくれますよ!

僕も意気揚々と挑戦した結果、失敗したことがあります。

これは今でもまだ心を締め付けてきます。

でも、決して心が折れることはありませんでした。

だって、それまでに小さいことをたくさん積み重ねてきましたから。

その中で小さな達成感をたくさん味わってきました。

だから、失敗しても心が折れないようになれたんです。

時には後ろを振り返ることも重要なんですよね!

3.後に引けなくしてしまえ

どんなことにも逃げ道が用意されています。

どんなに強い意志があっても、逃げたくなるものです。

しかし逃げたら、心が折れて二度と戻ってくることができません

僕もはっきりとした目標を掲げてから、何度も逃げたくなりました。

ですが、何とか逃げずに進むことができています。

それは・・・

夢や目標を友達に話す

これをしたからです。

誰かに話すことで、自分の頭の中によりくっきりと夢や目標が記されていきます。

さらに、自分に親しい人が知っているので、失敗して逃げたなんていう恥ずかしいことをさらけ出したくなくなります。

結果、それに向かって突き進むしか道がないと意識することになります。

自分から逃げ道をふさぐことによって、心が折れるのを未然に防ぐことができます。

多少強引な方法ではありますが、効果があります。

逃げたいと思うと、話した人の顔が浮かんできて逃げられません(笑)

僕はもう何人に話したか覚えていません。

なんせ初対面の美容師にも話してるくらいですからね^^

おかげさまで、目標はさらに明確になり、寄り道しながらも突き進むことができています。

ちなみに、人に話すことで素晴らしいアドバイスをもらえることもありますよ!

この方法は強引ではありますが、メリットも多い方法なんです。

4.未来を想像する

心が折れそうになっとき、未来なんて考えられません。

どんよりと曇った今の現状しか見えてきません。

それでは心がぽきっと折れてしまいますよね。

心が折れないようにするには・・・

夢や目標がかなったとき、どんな未来が待っているか想像する

ということが大切です。

だた未来を想像するのではありません。

とびっきり楽しくて明るい未来を想像するのです!

ちなみに僕は最終目標として「自由」を掲げています。

ですので、好きな時に好きな場所に行き、好きなものを食べ、好きな車に乗り、好きな服を着て、好きな人と一緒にいることを想像しています。

一見かなわないだろそんなこと、なんて思うかもしれません。

僕は「叶う」と信じています。

だからそれに向かって心が折れることなく進めているんです。

この方法は心が折れそうになった時だけでなく・・・

  • 寝る前
  • お風呂に入っている時
  • ふとした瞬間
  • たいくつな授業中
  • タバコで一服している時

などどんな時に考えてもかまいません。

毎日5分でも良いから、未来を想像することで心が折れないようになります。

最後に・・・

今回は、心が折れない方法にについて紹介しました。

誰にどんなことを言われても、どんなに失敗しても、自分の夢や目標があるなら突き進んでください。

たった1度のこの人生。

明るいくて楽しい人生にしたいじゃないですか!

自分の心に正直に、そして折れないように工夫をしながら進んでいきましょう!

ひとりでも多くの人が楽しい人生が送れることを期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。