入学祝いのお返し、のしの書き方と必要性

春が近づいてきていますが、まだまだ寒い日が続きます。

そんな中、心の温まるイベントがありますよね。

それは「入学式」です!

入学式といっても、小学校、中学校、高校、大学、大学院とたくさんありますが、中でも特別なのは「小学校の入学式」ではないでしょうか。

もちろん親にとっては、どの入学式も大事なものですが、初めて学校に上がる「小学校」は何か特別な雰囲気がありますよね。

小学校に入学すると、親戚や両親、祖父母から「入学祝い」をもらいます。

ここいくつか疑問が出てきます。

1つめは「入学祝いってお返しが必要なの?
2つめは「お返しが必要なら何をお返しするの?
3つめは「お返しの時ののしって何を書けばいいの?

という3つの疑問が出てきました。

これから結婚して子どもを授かるかもしれない、僕にとって知っておかなければいかないこと!

というわけで今回は・・・

入学祝のお返しはどうしたら良いの?

と言う内容で書いていこうと思います。

<スポンサードリンク>

入学祝いってお返しが必要なの?

まずは1つめの疑問から解決していきましょう。

入学祝いにお返しが必要なのか?

先に答えを発表します。実は・・・

入学祝いにお返しをする必要はありません

何かをいただいたら、気持ちとして何かをお返しすることが、日本人の心のように思いますが、入学祝いにはお返しをする必要はないのです。

お返しをしなくて良い理由

入学祝いのお返しは、マナーで「お返ししなくても良い」とされています。

その理由として、入学祝いは入学をする子供に対して渡すもので、子どもからのお返しは必要ないからだそうです。

しかし、地域や家庭によっては、「お返しが必要」となる場合があるので、気を付けなければいけません。

マナーとしては、お返しをしないことが普通とされていますが、何かをいただいたら、そのお返しをしなくてはいけない!と思う人は少なくありません。

もし、お返しは必要だと言っている人から入学祝いをもらったとして、お返しをしなかったら、その人との関係が悪くなってしまいそうですよね。

なので、「入学祝いのお返しはしておいたほうが安全」なのかもしれません。

では、入学祝いのお返しをするとして、一体何をお返しすれば良いのでしょうか?

入学祝いのお返しが必要なら何をお返しするの?

入学祝いのお返しは・・・

モノでなく、感謝と誠意をお返ししよう

入学祝いをもらった子どもが、入学祝いをくださった方に、

お礼の電話
直筆のお礼の手紙

この2つをお返しするようにしてください。

「お礼の電話」は必ずしたほうが良いです。

入学祝いをもらった子どもが電話をして、お礼を言うようにしましょう。

「直筆のお礼の手紙」は、必ずしなければいけないわけではありません。

ですが、感謝の気持ちと、学校に行ってからの抱負などを綴った手紙を送ることで、より「ありがとう」の気持ちと誠意を伝えることが出来ます。

しかし、これだけでは何か足りない気がするなーと思うかもしれません。

<スポンサードリンク>

モノなら何をお返しすればいの?

お礼の電話、お礼の手紙と合わせて、モノをお返しする場合は・・・

消費するもの

をお返しするようにしましょう。

消費するもの
・お菓子の詰め合わせ
・お茶のセット
・コーヒーセット

等がありますので、参考にしてください。

食べ物をお返しするときは、乾燥していて、日持ちの良いものをお返しするのが良いです。

 誰がもらっても喜ばれるものですから、あまり深く考えずに買って、お返しすると良いですよ。

または・・・

生活の中で使うもの

をお返しするのも良いかもしれません。

生活の中で使うもの
・タオルセット
・洗剤
・コップのセット
・お皿のセット

等がありますので、参考にしてくださいね。

生活必需品ですので、嫌がられることはないと思います。

ですが割れ物は取扱いが大変なので、ちょっと嫌がられる可能性もあるかもしれません。

お金をお返しするならいくら?

お返しの際に、「半返し」という言葉を使うことがあります。

これは、もらった金額の半分をお返しするということです。

入学祝いに半返しでお返しをする必要はないのですが、もしもお返ししたいのであれば・・・

半返しか1/3返し

でお返しをしてください。

仮に「10000円」入学祝いをもらったとしたら、半返しで「5000円」1/3返しで「3000円」程度と言うことになります。

あまり、お金を返しても喜ばれないケースのほうが多いので、気を付けてくださいね。

お返しをするとしたらのしにはなんて書くの?

実際、入学祝いのお返しにのしを付ける必要はありませんが、もしのしをかける場合は、決まった書き方があるので注意してください。

のしをかける場合
ふぁあf無題

のしは、「紅白の水引」に

・内祝
・入学内祝
・御礼

と書きましょう。

下には、入学祝いをもらった子どもの名前をフルネームで書いてください。

こうやって、のしを付ければ間違いはありません。

最後に…

入学祝いにお返しは必要なかったんですね!

小学校の話ではないのですが、大学に合格した時に、入学祝いをいただいて、そのお返しはしていなかったなと、書いていて思い出しました。

大学を卒業し社会人になり、自分でお金を稼げるようになったら、色々な形でお返ししていくものなのかもしれませんね!

まだ全然お返しできていない僕でした(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。