お年玉の相場、小学生~大学生までを大公開!

お正月のお年玉!子供の頃は、この時期が来たか!と、とっても楽しみなイベントでした。

今現在僕は、あげる側なので、毎年財布がさみしくなるイベントなんですが(笑)

あげるようになってみると、いくらあげたらいいのか分からないんですよね・・・。

周りがどれだけあげるかを聞いて、それに合わせてあげるていましたが、そんなにあげるのか!?と疑問に思うこともありました。

なので、お年玉相場を調べて、出費を抑えつつ、相手にも喜ばれる金額を調べてみました。

一緒に、お年玉で困ることに、おさらばしちゃいましょう!

というわけで今回は・・・

小学生か大学生までのお年玉相場はおいくら??

と言う内容で書いていこうと思いますよ!

<スポンサードリンク>

小学生編

87906c26c74648e48737532df07d16b3_s

だいたいお年玉をあげ始めるのは、小学生になってからが一般的です。

小学生は、1年生~6年生までありますから、学年によってお年玉の額が変わっていきます。

僕も、だんだんと金額が上がっていった覚えがあります。

1~6年生で1年ごとに金額を変えてもいいのですが、低学年・中学年・高学年で金額を変えたほうが、簡単です。

では、順に見ていきましょう。

低学年(1~2年生)

低学年だと、まだまだ小さいので、そんなに高い金額をあげる必要はないようです。

低学年にあげるお年玉の相場は・・・

1000円~2000円

となります。

学年ごとに変えたいときは、1年生・・・1000円、2年生・・・2000円のように、変えていくと良いでしょう。

今まで3000円程度あげていた方々にとってこの情報は、かなり出費を抑えることにつながるのではないでしょうか?^^

中学年(3~4年生)

ここまでくると、お金の価値を知り始め、金額によっては、がっかりされることもしばしば・・・。

そうならない為に相場を知っておきましょう!

中学年にあげるお年玉の相場は・・・

3000円~4000円

となります。

学年ごとに変えたいときは、3年生・・・3000円、4年生・・・4000円のように変えていけば大丈夫です!

4000円も出せないなーと思う方は、3500円程度でも、ぎりぎり大丈夫なラインですので、そこは、気持ちで調節していただけたらいいと思います。

高学年(5~6年生)

高学年ともなると、金額をかなり気にし始めます。

あげる方も、気を遣って多めにあげたりしますよね・・・。

高学年にあげるお年玉の相場は・・・

4000円~5000円

となります。

学年ごとに変えたいときは、5年生・・・4000円~4500円、6年生・・・4500円~5000円と変えていくと良いと思います!

やはり高学年ともなると、お年玉の額は高額になってきます。

一昔前なら3000円程度だったかもしれませんが、時代の流れでしょうか、金額が上がっているようです。

ですが、今まで10000円程度あげていた人からしたら、かなりの朗報になるのではないでしょうか?

小学生まとめ

・低学年・・・1000円~2000円
・中学年・・・3000円~4000円
・高学年・・・4000円~5000円

・1年生・・・1000円
・2年生・・・2000円
・3年生・・・3000円
・4年生・・・3500円~4000円
・5年生・・・4000円~4500円
・6年生・・・4500円~5000円

小学生へのお年玉相場はこのようになっていますので、ご参考になさってください。

あとは、ぽち袋も可愛いものにしてあげると良いですよ!

人気アニメのキャラクターやディズニーなどがいいかもですね!

中学生編

e272942d2b5d59fd17bf6e15c67be909_s

中学生となると部活の後友達とご飯に行ったり、休日は遊びに行ったり服装にも気を使いだすため、小学生よりもお金がかかる分お年玉の金額は難しいですよね。

中学生にあげるお年玉の相場は・・・

3000円~7000円

となります。

・中学1年生・・・3000円~5000円
・中学2年生・・・4000円~6000円
・中学3年生・・・5000円~7000円

と、学年ごとで考えると、このようになります。

最初の金額が小学生と同程度になっているのは、あげる相手との関係によって変わる可能性があるからです。

姪や甥であれば、右側に書かれている金額を参考にして、親戚の子供であれば、左側の金額を参考にしてください。

中学生からしたら、かなり安い金額になっていますので、がっかりされないように多少調整する必要があるかもしれません。

そうなりたくない時は、左と右の間を取ったり、左側の金額を参考にしてみると良いですよ。

<スポンサードリンク>

高校生編

高校生は、遊びや私生活に費やす金額が増えていきます。

ですから、あげる金額も高額になっていきます。

高校生にあげるお年玉の相場は・・・

7000円~10000円

となります。

・高校1年生・・・7000円~8000円
・高校2年生・・・8000円~9000円
・高校3年生・・・9000円~10000円

学年ごとで考えたら、このような感じになります。

高校生で10000円は高すぎるなーという方は、8000円~9000円の間で考えておくと良いですよ。

やはり高校生から10000円という額が出てきます。

高校生の親戚がいると、お財布が厳しくなっていきますね(笑)

大学生編

大学生は、独り暮らしや実家暮らしで違ったり、20歳で成人したらあげるかあげないか難しいですよね。

ちなみに独り暮らしや実家暮らしで、金額を変える必要はなく、同じ金額で大丈夫です!

大学生のお年玉の相場は・・・

10000円

となります。

大学1年生~4年生まで一緒で大丈夫のようです。

あとは、関係によって少しずつ金額をずらしていくと良いですよー。

成人した後もあげるかあげないかですが、これは家庭によって意見が分かれているようです。

20歳になったら、バイトして頑張れ!としている家庭もあれば、大学卒業するまでは、あげるよー!という家庭もあります。

ちなみに僕は、大学卒業するまでもらえました。

ですので、そこは気持ち次第となりますが、子どもからしたらもらえるに越したことはないですけどね(笑)

赤ちゃんや幼稚園のときは

赤ちゃんや幼稚園児にお年玉をあげるときは・・・

500円
おもちゃ

にすると良いでしょう!

ここで気を付けてほしいことがあって、500円は小銭ですので、あやまって飲み込んでしまったりなどの危険があります。

ですので、注意してあげるようにしてください。

そういった危険を気にせずにあげれるので「おもちゃ」のほうが良いかもしれませんね。

おもちゃを選べないときは一緒に買いに行くなどして、その子の好きなものを選ばせてあげるとよいでしょう。

もしかしたら、一番お金がかかるのは、この世代の子供なのかもしれませんね(笑)

ここまで、赤ちゃん~大学生までのお年玉の相場をお話ししました。

いくらあげたらいいのかわからない、あげすぎ?少なすぎ?と悩んでいた方の悩みを解決できるのではないでしょうか?

少しでも参考にしていただけたら幸いです!

最後に・・・

お年玉は、今年一年お疲れ様、来年も頑張れ!という気持ちを込めて渡すものです。

ですので、金額は相場をもとにした気持ちで決まってきます。

でも年末ってお財布の中が厳しくて、思うようにあげられないのが辛いですよね・・・。

僕もあげるようになってから、お年玉に合わせて12月のお金の使い方を工夫するようになりました。

いやー大人っていろいろと大変だ(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事も合わせてお読みください。

⇒⇒お年玉の由来を、子どもにも分かりやすく教えます。

『お年玉の相場、小学生~大学生までを大公開!』へのコメント

  1. 名前:正月休みin2015!!正月休みの混雑を回避する方法!! 投稿日:2015/08/22(土) 16:38:26 ID:148cb711e 返信

    […] ⇒⇒お年玉の相場、小学生~大学生までを大公開!! […]