箱根駅伝2016は火山噴火の影響で中止にならない模様。

こんにちは、しょうです。
 
いつも当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
 
箱根山の小規模噴火によって2016年の箱根駅伝は開催が危ぶまれています。
 
コース自体に噴火警戒範囲が含まれてはいないのですが、箱根駅伝の花形区間である「5区」のコースが変更される可能性があるかもしれないのです。
 
というわけで今回は・・・
 
箱根駅伝2016は火山噴火によって開催が中止されるのか??
 

<スポンサードリンク>
 

箱根駅伝2016は中止されない!!

箱根駅伝の公式サイトを覗いてみると、どこにも開催中止や火山噴火という言葉が見当たりません。
 
むしろ「箱根駅伝まで〇〇日!」という表示の方が目立ちます(笑)
 
それもそのはず、箱根駅伝のコースは先ほども書いた通り火山噴火の警戒範囲外に設定されていたからです。
 
直接的な影響を及ぼさないと判断されたため、2016年の箱根駅伝は例年通り開催されるようです。
 
また気象庁のデータからも分かる通り、箱根山の火山警戒レベルはレベル1まで引き下げられています。
 
これは活火山だから注意してね!という意味合いが強いため、登山も可能ですし、立ち入り禁止区域も定める場合もあれば定めない場合もあるくらい、火山活動が落ち着いてきていることを表しています。
 
しかし、噴煙が出ていたり周囲に硫黄が発生している可能性は高いと考えたほうがよいでしょう。
 
そうなると、箱根駅伝の花形区である「5区」はかなり箱根山に近いコースですので、最低でもコース変更されるかもしれませんよね。
 

箱根駅伝5区のコース変更もない

箱根駅伝2016では5区のコース変更もありません。
 
例年通りの山登り区間として今年も健在です。
 
ですが、一応の為に警戒態勢はとられると考えられます。
 
立ち入ったら危険かもしれない場所には警備員が配置されたり、救護用の酸素マスクも多く用意し、走者だけでなく沿道の応援の人にも気が配られることでしょう。
 
また今現在(2015年12月18日)火山噴火警戒レベルがレベル1だとしても、残り2週間の間に引き上げられる可能性もあります。
 
その時はまた箱根駅伝のホームページで情報が掲載されると思いますので、ここにも追記していきたいと思います。
 
今のところは予定通り2016年1月2日午前8時からスタートされる予定となっていますので、楽しみにしておきましょう!
 
箱根駅伝2016の出場校と、その中でも注目したい大学、選手を紹介していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。
 
 
<スポンサードリンク>

箱根駅伝の5区を応援に行く際、気を付けたいこと

1.マスクを持っていく

走ってなからと言って何も影響がないわけではありません。
 
ですので、しっかりとマスクを持っていきましょう。
 
変なにおいがしたり、硫黄臭かったらすぐにマスクをしてその場を離れましょう。
 

2.立ち入り禁止とされている場所に入らない

当日は警備員が配置され、危険な場所には立ち入れないようになっていると思います。
 
絶対に立ち入り禁止の場所には入らないでください。
 
その場所がいかに撮影に適している場所でも、どんなに見やすい場所でも、絶対に立ち入ってはいけません。
 
自分の身に危険が及んでしまいますからね。
 
この2つに気を付けて5区を応援しましょう。
 

最後に・・・

箱根山の小規模噴火によって開催が危ぶまれていた箱根駅伝2016。
 
今のところは何の影響もなく、予定通りに開催されそうですね。
 
年始の楽しみなイベントとして待っているファンも多いですから、このまま無事に開催されることを祈りましょう。
 
ですが、選手や観客に影響を及ぼすかもしれないと分かったときは速やかに中止してほしいですね。
 
何よりも大切なのは命ですから。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

『箱根駅伝2016は火山噴火の影響で中止にならない模様。』へのコメント

  1. 名前:箱根駅伝2016の出場校と注目校、そして注目選手を紹介。 投稿日:2015/12/23(水) 12:57:18 ID:faf9bf544 返信

    […] しれないと言われていました。   しかし何とか開催されることになったそうです。   詳しくは以下の記事をご覧ください。   ⇒⇒箱根駅伝2016は火山噴火の影響で中止にならない模様。 […]