歯が軋む痛みの原因は歯医者に行ってもわからない!?

最近、歯が軋むような痛みに襲われて、テンションが下がっています・・・。

朝起きたら、突然痛くなっていてびっくりです。

皆さんも、歯が軋むような痛みに襲われた経験はありませんか?

ちょっと調べてみたら、結構いらっしゃるようですね。

そして皆同じことで悩んでいました。

今回は、その悩みを解決する記事を書きたいと思います。

と言うわけで今回は・・・

歯が軋むような痛みの原因とは??

と言う内容で書いていきます。

歯が軋むような痛みの原因

歯が軋むような痛みは、とっても不愉快で嫌ですよね。

痛みがあるからといって、歯医者に観てもらっても虫歯があるわけでもなく、原因不明のまま。

原因がわからないから、とりあえずほおってほくしかない。

痛みが和らぐまで我慢するしかありません。

辛すぎる・・・。

なので、何か痛みを和らげる糸口はないものかと思い調べてみました。

参考にしてみてくださいね!

歯が軋むような痛みの原因は・・・

  1. 歯茎にできた口内炎
  2. 鼻の病気
  3. 顎関節症
  4. 狭心症や心筋梗塞の予兆
  5. 肩こりや首こり

このような原因があると言われています。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.歯茎に出来た口内炎

これは実際に僕が体験した原因です。

朝起きると、歯が軋むような痛みに襲われました。

最初はなんでこんな痛みがするんだろうと思っていました。

朝ご飯を食べた時に、塩辛い物がしみたので、口内炎があることが発覚。

鏡でチェックしてみると、歯茎に口内炎ができていました。

偶然かもしれませんが、軋むような痛みがある歯がある部分の歯茎にできていました。

歯茎に口内炎ができると神経が刺激されて、歯が軋むように痛むようです。

歯が軋むような痛みに襲われたら、歯茎に口内炎がないかチェックしてみてください。

2.鼻の病気

歯が軋むからといって、歯医者に行っても問題がないと言われる。

そんな時は、耳鼻科へ行ってみてください。

歯が軋む痛みに襲われた人の中には、耳鼻科に行ったら原因が分かった!

と言う人が多いようです。

特に鼻の病気が原因であることが多いらしい。

例えば・・・

  • 副鼻腔炎
  • 鼻の中が腫れている

このような病気が考えられます。

副鼻腔炎が原因で歯が軋む痛みに襲われた人が多いようです。

ですので、歯が軋みだしたら歯医者ではなく耳鼻科に行ってみてはいかがでしょうか?

3.顎関節症

顎関節症とは・・・

一般に、顎運動障害、顎関節痛や関節雑音が単独もしくは複数合併して発現する(これを顎関節症の主要3症状と呼ぶ)。疼痛は主に顎運動時に生じる。 雑音には、ゴリゴリという低い音のcrepitusと、カクンという弾撥音であるclickingとがある。その他にも、耳の痛み、耳閉感、難聴、めまい、眼精疲労といった眼や耳の症状、頭痛や首、肩のこり等のさまざまな症状を呈するとも言われている。

高い治療実績を掲げたり、完治可能、専門治療といったもっともらしい広告を出す病院などもあるが、現在のところ治療法は確立されておらず医師や所属機関によって見解も違いこれといった治療法は存在しない。

※wikipediaより

顎関節症になると、ついつい歯をかみしめてしまうそうです。

すると、歯茎の神経に刺激が与えられ、歯が軋むような痛みを伴うのだそうです。

治療法がないのが辛いところです。

しかし、顎関節症はストレスや睡眠不足によって引き起こされることがあり、しっかりと睡眠をとることで改善することができるようです。

完治とまでがいきませんが、痛みを和らげることに繋げることができそうです。

ですのでもしも歯が軋む痛みが出始めたら・・・

  • 栄養のある食事
  • 適度な運動
  • しっかりとした睡眠

この3つに気を付けて生活をしてみてください。

ストレスが和らぎ、痛みを和らげることができるかもしれませんよ!

4.狭心症や心筋梗塞の予兆

狭心症や心筋梗塞といった病気を聞いたことがあると思います。

どちらも心臓に発症する怖い病気です。

実はこの2つの病気の予兆として、歯が軋む痛みが出ることがあるそうです。

可能性はとっても低いとは思います。

ですが、歯が軋みだして不安に駆られるようなら、内科を受診してみてはいかがでしょうか。

歯が軋む痛みから大きな病気を見つけることができるかもしれませんよ!

5.肩こりや首こり

肩こりや首こりも、歯が軋む痛みを引き起こす可能性があるようです。

一見関係ないと思われますが、関係あったんです。

それは、血行不良です。

肩こりや首こりは血行不良により引き起こされます。

同様に歯が軋む痛みも、血行不良により歯を噛みしめてしまうことで引き起こされることがあります。

肩こりや首こりが治るように血行を良くすれば、同時に歯が軋む痛みも和らげることになります。

血行を良くするには・・・

  • 適度な運動
  • 血肉になる食品を食べる
  • しっかりとした睡眠

これらを行えば、血行を良くすることができます。

歯が軋む痛みを出し始めたら、ちょっと運動してみてはいかがでしょうか?

最後に・・・

今回は、歯が軋む痛みの原因について書きました。

少しでも皆さんの不安が和らげばよいなと思っています。

僕も早く歯が軋む痛みから解放されたい!

寝ている時は何も感じないのですが、起きている時が不愉快でしかたないですからね(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。