滑舌を良くする方法は、割り箸を使うと出来る!!

昔、滑舌が悪い原因について記事を書きました。

原因を知ったら治す方法も知りたくなりますよね!

ですが、ボイストレーニングに行ったりすると、滑舌を治すにはある程度の費用がかかります。

そう思っている方が多いのではないでしょうか?

確かに、確実に治せるというお墨付きですから、お金をかける価値はあります。

でもできればお金をかけずに治したい!と思う人のほうが多いのが事実ですよね。

というわけで今回は・・・

割り箸を使って滑舌を良くしよう

と言う内容で書いていこうと思いますよ!

<スポンサードリンク>

割り箸を使った滑舌改善方法

わざわざボイスとレーニングなどに通う必要もなく、家にある割り箸だけでできる滑舌改善方法です。

割り箸の咥え方

063612

割り箸を2本用意しましょう。

割ったやつでなく、割っていないものを用意してくださいね。

縦にして太い側を奥歯で咥えます。

左右両方で割り箸を咥えてください。歯には力を入れずに軽くおさえる感じにしましょう。

八の字」が出来るように押さえるくらいがちょうどいいですよ!

ら・た・な・か・さ

ら・た・な・か・さ」を何度も発音し、一語一語しっかりと発音するようにしてください。

そうしないと舌が鍛えられずに滑舌を良くすることができません。

「ら」を発音するとき以外は、舌先を歯の裏側に添えて発音すると、さらに効果を期待することが出来ますので、気を遣って発音してくださいね。

これを1日1分続けるようにすると、だんだん滑舌が良くなっていきます。毎日継続することが大事です!

<スポンサードリンク>

福沢朗さんもやっていた方法

アナウンサーとして活躍していた福沢朗さんが、滑舌を良くするためにやっていた方法です。

割り箸を横にして奥歯の方まで持っていき、ギュッと噛みましょう。

その状態のまま、「ぶらじるじんの、ぶらじる、びらくばり」という言葉を、早口言葉のように言いましょう。

かなり言いにくいとは思いますが、言おうとしているうちに舌を使うようになりますので、舌を鍛えることが出来ます。

これは、実践してみたにですが、かなり言いにくかったです。

ふがふがとなってしまい、なかなか綺麗に発音することが出来ず、つらかったです(笑)

福沢朗さんはもともと滑舌が良さそうですから、悪いところからどの程度良くなるかはわかりませんが、一流のアナウンサーもやっていたものですので、やってみる価値は大いにあると思います。

あえいうえおあお

これもベターの言葉ですよね!50音を順番にいうやつです。

あえいうえおあお
かけきくけこかこ
させしすせそさそ

と順番に言っていきましょう。

この時も割り箸を活用すると、さらに滑舌改善の効果があります。

咥え方は、2本使うのでもいいですし、福沢朗さんのやっているやり方でもいいです。

好きな方法でやってくださいね!

僕は、福沢朗さんのやり方をオススメします。

かなり言いにくいですが我慢して言いましょう。

最後に…

割り箸を使って滑舌を良くすることが出来ます。

ボイストレーニング等にお金を使うこともなく、100均で材料を用意することができます。

紹介した方法はかなり辛いですが、続けることで効果があるだろうなーと実践してみて感じました。

僕は滑舌が悪いというか、早口になってしまうので、それにも効果があれないいなと思っています(笑)

滑舌はすぐに治すことはできないかもしれませんが、毎日コツコツと続けていくことが一番の近道です。

すぐに効果が出なくても、諦めずに続けていってください。

滑舌が悪い原因は違う記事に書きましたので、そちらを参考にしてください。

⇒⇒滑舌が悪い原因は、身近にある!!

滑舌が良くなれば、人と話すことが楽しくなったり、滑舌を気にしないで発表することが出来る!といった良いことが待っていますよ!

俺もがんばろう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

『滑舌を良くする方法は、割り箸を使うと出来る!!』へのコメント

  1. 名前:今日の1曲洋楽編「Taylor Swift : Style」 投稿日:2015/12/23(水) 15:16:59 ID:faf9bf544 返信

    […] ブログでは皆さんのお悩みを解決できるような内容の記事が大半を占めています。   「早口を治す」とか「妬みと嫉みの違い」とか、様々なジャンルを扱っています。   そこで今回は音 […]