書き初めの意味と、その由来を教えちゃいます!!

皆さんは「書き初め」をしたことがありますか?

新年早々、正座で座り意味も知らない言葉を、書道で半紙に書いていく宿題です。

僕も、小学生の時に毎年書いていましたが、一体なぜ「書き初め」をするのか分かりませんでした。

ただ学校から出された宿題だからやらされていた感満載で書いていた覚えがあります。

意味を知っていたら、もっと一生懸命書いていたかもしれない・・・(笑)

さすがにもう書き初めをすることはないですが、同じような気持ちの子供たちがたくさんいると思うので、書き初めの意味を調べてみました!

ですので今回は・・・

書き初めの意味ってなんだ?

と言う内容で書いていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

書き初めの由来

書き初めを行うのは毎年1月2日ですよね。

実はこの日にちに深い意味が込められていたんです。

1月2日は「仕事始め」とされていて、農家では作り始め、商家では初荷を出していたそうです。

この仕事始めのしきたりに習って、文字を書いたりや絵を描いたりする「書き初め」が始まりました。

もともとは、宮中や文人の偉い人が行っていました。

ですが江戸時代に入り寺子屋で勉強をすることが必修とされて、一般にも「書き初め」が広まっていったそうです。

昭和の初期頃までは、神棚や学問の神様である菅原道真の肖像の前で「福」などのめでたい文字や詩を書いて、納めたりしていました。

書道は、昔からとっても大事な学習だとされていて、文字が一般に普及していくにつれて、文字を書く風習が広まりました。

それが今の「書き初め」の始まりなんですね。

書き初めの意味

099140

現在では、筆を使って文字を書くことがなくなり、日常で書をたしなめるなんてこは少なくなりましたよね。

だから、学校の宿題で出されるだけになりました。

しかし、由来を知ると「書き初め」には、ちゃんとした意味があることがわかってきます。

<スポンサードリンク>

文字を綺麗に書けるようになる

文字や詩を書くことにあたって、ちゃんとした綺麗な漢字やひらがなを書けることは必須です。

神様に自分の書いた文字を納めることで、文字が綺麗にかけるようになることを願いました。

さらに、昔は1月11日にドンド焼きという行事があり、その炎で文字を書いた紙を焼くことで、字が上手くなる!と言われていました。

「書き初め」をすることによって、「文字を綺麗に書けるようになる」という意味が込められていたのですね!

一年の意気込みを表す

書き初めの宿題では、決められた熟語や教科書に載っている文字を書くことが目的です。

ですが、宿題ではなく「書き初め」をする人もいます。

その人たちには、ちゃんとした理由があったんです。

それは、「今年1年の意気込みを表す」ということです。

今年1年の頑張ることやしたいことを書道で書き、それを1月2日の仕事始めに行うことによって、この1年仕事がとっても上手くいくと言われています。

まとめ

小学生の頃、何気なくただの宿題としての「書き初め」に、このような2つのちゃんとした意味があったとは、驚きでした!

あの頃、この意味を知っていたら、もっと頑張って書き初めをしていたかもしれない(笑)

お父さんお母さんは、子供に「書き初め」の意味を聞かれたら、紹介した2つの意味を教えてあげてくださいね!

今年は、久しぶりに目標でも書こうかな^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。