お守りの処分が、自分でも出来る方法をご紹介!

初詣で、安産祈願や交通安全などのお守りを買って、一年の安全を願いますよね。

でも去年買ったお守りが残っている!
そのお守りを処分したいんだけど、処分の仕方がわからない!

って思うことありますよね。

僕も、2年ほど前のお守りをまだ使っていたりしていたことがあり、御利益が切れているのではないか・・・って不安になっていました。

そうならないように、ちゃんとした処分の仕方を知ればお守りがたまっていくこともなく、ご利益が下がることもありません。

というわけで今回は・・・

お守りの処方法!!自分で出来る方法!!

と言う内容で書いていいきます。

<スポンサードリンク>

お守りの処分方法

ではちゃんとしたお守りの処分方法を解説していきます。

買った神社やお寺に持っていく

お守りをきちんと処分するには・・・

買った神社・お寺に持っていく

ということが一番良い方法です。

神社やお寺に持っていくというか、「感謝」の気持ちを込めて返すということが正しいです。

神社やお寺の返すことで、篝火などでお焚き上げしてもらえます。

持っていけない場合

自分がお守りを、買った神社・お寺に持っていくことが出来ない場合は・・・

住んでいる近くの神社・お寺へ持っていく

どうしても持っていけない場合は、このような方法で処分することが出来ます。

また・・・

郵送で送ることも可能

ただし、神社でもらったものは神社へ、お寺でもらったものはお寺へということは守るようにしてください。

神社にお寺で買ったお守りを持っていったら、祀っているものが違いますので、処分することができない可能性があります。

<スポンサードリンク>

お守りを自分で処分する

旅行先でお守りを買ったから、神社にもお寺にも持っていけない場合は・・・

自分で処分することができます

ですが、ちゃんとした方法があるので、それを守って処分してください。

自分でお守りを処分する方法

神社やお寺でお焚き上げで処分しているからといって、自分でもただ燃やすだけでは処分することが出来ません。

きちんとした方法を紹介します。

お守りを処分する時の注意点
白い半紙に包むこと
粗塩をかけてから燃やす

この2つの注意点を守って、処分するようにしてください。

この2つの行為には「お清め」の効果がありますから、健全に処分することができます。

できるだけ自分で処分しないほうが良いので、買った神社・お寺、近くの神社・お寺で処分するようにしてくださいね!

また、燃やすときは・・・

ありがとう

という感謝の気持ちを込めて燃やすようにしてください。

最後に…

溜まってしまい、御利益をダウンしていしまう可能性があるお守りは、以上の方法で処分することが出来ます。

「お清め」と「感謝」の気持ちをしっかりとこめて、処分してくださいね!

それによって、新しく買ったお守りの御利益があがり、効果が強くなるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。