人参の保存期間を延ばす保存方法とは!?

人参をが痛まないように長期間保存するのは、なかなか難しいですよね。

僕も独り暮らしをしていて、人参を2,3本まとめ買いしても使いきれず、しわしわになって腐ってしまいます。

いずれは腐ってしまうものだとしても、出来るだけ保存期間を長くしたい!

ということで今回は・・・

人参の保存期間を延ばす方法

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

人参の保存期間を延ばす方法

では、早速人参の保存期間を延ばす方法をご紹介します。

埋められている時と同じ状態

野菜は外気に触れると腐りやすくなります。

ですので、土に埋められている時と同じ状態を作りだし、外気に野菜が触れないようにする必要があります。

土に埋められている時と同じ状態にするには・・・

新聞紙にくるむ

新聞紙にくるむことで、野菜が外気に触れなくなり、良い感じで湿気を含むので、野菜にとって快適な環境を作り出してくれます。

新聞紙が無い場合は、フリーペーパーでくるんでも良いです。

人参を新聞紙にくるむときは、1本1本丁寧に新聞紙にくるみましょう。

そして、もう1つ土に埋められた時と同じ状態にするには、畑に植えられている状態と同じように、「縦向き(葉を上にする)」で置いておくと、人参の保存期間を延ばすことが出来ます。

また、人参には葉が付いているものが売られていることがあります。

この葉を切り落とさないと、葉に養分を吸われてしまうので、しっかりと葉を切り落としましょう

夏場以外は冷蔵庫に入れなくても保存できますが、夏場は冷蔵庫で保存してください。

人参を新聞紙にくるんで立たせて保存した場合の保存期間は、「約1~2週間」です。

冷凍保存方法

人参は冷凍で保存することが出来ます。

冷凍保存する場合は、ひと手間加える必要があります。

まずは、人参を料理に使う大きさに切ります

切り方は、輪切り、乱切り、短冊切りと何でも良いです。

切った人参を、軽く火が通るくらいに茹でて、しっかりと水気を切ります

あとはジップロックなどのパックに入れて、冷凍庫で保存しましょう。

かなり長期間保存するすることが出来ますが、あまり長期間になりすぎると、少し冷凍臭くなるそうです。

冷凍保存した場合は、早めに使うか、カレー等の煮物に使うと良いです。。

人参を冷凍保存した場合の保存期間は、「約1~2か月」です。

<スポンサードリンク>

土のついたままの人参

野菜の直売所から買うと、人参などは泥や土のついたままで売られています。

泥や土のついた人参は、そのままで保存するようにしましょう。

泥や土を落としてしまうと、腐りやすくなってしまいます。

本当は土に埋めたままで保存するのが一番良いとされているのですが、家庭の中でそれはなかなか難しいですよね。

ですので、泥や土を落とさずに人参を新聞紙にくるみ、立たせて保存しておきましょう。

土や泥のついたままの人参の保存期間は「2~3週間程度」です。

ちなみに土に埋めておくと「数か月」も保存することが出来るそうです。

最後に・・・

人参の保存方法は、新聞紙でくるみ立たせて保存するか、冷凍で保存することが良いみたいですね。

僕は、いつも腐らせてしまっていた人参の保存期間を延ばす方法を知れて、とっても良かったです。

この記事を書いたのも、自分の家の人参がすぐに腐ってしまうからです。

でもこれで、長い期間人参を保存できるので、安心して使うことが出来ます!

皆さんも人参の保存期間を延ばして、美味しい人参を食べましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。