赤ちゃんの爪の切り方は、コツを知れば安全で綺麗に切れる!!

爪きりは子供の頃からやりますが、小さい時は親にやってもらいます。

特に、赤ちゃんの頃は自分で出来ませんから、綺麗に切れるかどうかは親次第になります。

今では、赤ちゃん用の爪切りはさみなどが発売され、爪切りは結構簡単にできるようになりましたが・・・

間違えて肉まで一緒に切ったらどうしよう
どのくらいまで切ったらいいかわからない

と不安に思うことは沢山あるのではないでしょうか?

ちなみに僕がまだ赤ちゃんだった時、親は少しだけ皮膚を傷つけたことがあるそうで、赤ちゃんの爪切りは難しいんだと教わりました(笑)

僕に赤ちゃんが産まれた時に爪切りで困らないように今から予習!

というわけで今回は・・・

赤ちゃんの爪の切り方

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

赤ちゃんの爪

赤ちゃんの爪は見て分かる通り、大人の爪に比べたらとっても小さく柔らかいのが特徴です。

ちょっと切り方を間違えただけで、爪と一緒に指の肉まで切ってしまったりして、傷がつきやすいんです。

でも切らずにほっておくと、ひっかいて体に傷ができたり、おもちゃに挟まって爪が割れたりしてとっても危険なんです。

ですので、正しい赤ちゃんの爪切りの方法を知っておきましょう!

赤ちゃんの爪の切り方

では、早速赤ちゃんの爪の切り方を説明していきましょう!

切りやすい体勢

まずは、爪切りをしやすい体勢になることが大切です。

どのような体勢が切りやすいのかご紹介します。

手の爪は頭のほうから

手の爪を切る時は、向かい合ったほうが切りやすいと思うかもしれません。

ですが実際は、実際は「頭の方から」切ったほうが切りやすいのです。

赤ちゃんをひざに座らせたりベビーチェアのような物に座らせたりして、赤ちゃんを逆さに見るような格好で切りましょう。

ひざに座らせるときは、自分と赤ちゃんが同じ方向を向くように座らせると切りやすいですよ^^

足の爪は足のほうから

赤ちゃんの足の爪を切る時は、手の爪を切る時と逆向きになります。

赤ちゃんの足側に行き、向かい合う体勢で切りましょう。

ひざに乗せると、この体勢は取りずらく爪が切りにくいので、布団に横にしてやると楽に体勢を取れますよ!

または、足だけをひざに乗せても良いかもしれません!

皆さんの楽な方法でやってみてください。

赤ちゃんの爪の切り方

体勢が分かったところで、次は切り方を紹介していきましょう。

手の爪の切り方

手の爪を切る時は、赤ちゃんの指を1本1本親指と人差し指で挟み、しっかりと固定してから切りましょう。

そうしないと、急に動いたときに誤って指の肉まで切ってしまうことがあります。

しっかりと指を固定したら、一気に切ろうとはせず、ゆっくりと角を少しずつ丸くするように切りましょう。

早く終わらせようと一気に切ってしまいがちですが、そこは慌てずにゆっくりやっていきましょう。

焦ると失敗する可能性が増してしまいますからね!

足の爪の切り方

足の爪を切る時は、足を握るように持ち親指で爪切りをする指を下から持ち上げるようにして、指を抑えましょう。

この持ち方が一番持ちやすくて、尚且つしっかり固定できますので、安全に切ることが出来ます。

足の爪も手の爪を切る時と同じで、少しずつ角を丸くしていくようにゆっくりと切っていきましょう!

こちらも、焦りは禁物ですよー!

爪切りをする時の注意点

では、赤ちゃんの爪切りをする上で、気を付けなければいけない点を紹介していきます。

はさみタイプを使おう

先ほども書いたように、赤ちゃんの爪は小さくとても柔らかいです。

大人が使うタイプの爪切りで切ると、誤って指の肉を切ってしまう等の失敗をしやすいです。

生後半年間くらいで爪が硬くなりますので、それまでは、はさみタイプを使ってくださいね!

近くの薬局や、Amazonで簡単に購入することが出来ます。

白い部分は全部切らない

これは大人でも一緒ですね!いわゆる深爪をし過ぎないということです。

白い部分を1mm程度残すのが理想です。

もうちょっと深く切っておきたいなと言う時は、白い部分を0.5mm程度残すようにしてください!

深爪をすると、爪が小さくなったり、巻き爪や陥入爪になることがありますので、充分注意してください。

お風呂上りは避けましょう

赤ちゃんの爪が柔らかいほうが切りやすいから、お風呂上りに切る人は多いのではないでしょうか?

実はそれって間違っていたのです!

お風呂上りは爪が柔らかくなりすぎていて、とっても深爪をしやすい状態になっています。

ですのでお風呂上りの爪切りは、出来るだけ避けるようにしてください。

寝てるときがチャンス

赤ちゃんは良く動くので爪を切る時に動かれるのは、切る側にとってとっても怖いですよね。

ですので、赤ちゃんが寝ているタイミングで、爪切りをすると動かないので安心です。

また、授乳中もいいですね。

お父さんお母さんで協力しあって行うと、スムーズにできます。

<スポンサードリンク>

万が一失敗した時の対処法

気を付けいても失敗してしまうことはあります。

そんな時慌てないためにも、対処法を知っておきましょう!

軽く傷をつけてしまった

ちょっとだけ指先を傷つけてしまって、血が出たけれどすぐに止まったときは全然気にする必要はありません。

ばい菌が入らないように消毒しても良いですが、赤ちゃんは治りが早いため、消毒しなくても大丈夫です。

絆創膏を貼る時は、赤ちゃんが誤って飲み込まないように注意しましょう。

赤ちゃんは指をしゃぶることが多いので、誤飲する事故が多いそうです・・・。

ちなみに、血が止まっているようなら絆創膏をする必要はありませんよ

血が止まらない時

傷をつけてしまって血がなかなか止まらない時は、すぐに病院へ連れて行ってください。

縫わないと止まらない可能性があります。

最後に…

赤ちゃんの爪切りは定期的にやらなければいけません。伸ばしすぎてもいけないし切りすぎてもいけない・・・。

とっても気を遣う大変な育児です。

赤ちゃんの爪切りをする時は、ここで書いた方法でゆっくり丁寧に爪切りをしてあげてください。

綺麗で安全に爪切りをすることができますよ!

僕も自分に子供が生まれたら、ここで書いたことを思い出してやりたいと思います。

初めて爪切りをする時はきっと、ものすごく緊張するのだろうなーって今から考えています。

緊張したら手が震えて失敗しそうなので不安ですね(笑)深呼吸して、ゆっくりやろう!と記事を書いて、決意を新たにしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。