エイプリルフールの由来となった6つの有力な由来!!

4月1日はエイプリルフールです。

1年で唯一「嘘をつく」ことが許された日ですね。

エイプリルフールには、大手企業や個人で嘘をつく人が続出して、人々を笑わせてくれています。

ふと思ったのですが、エイプリルフールの由来とは??

なぜ嘘をついても良いのか、いつから始まった風習なのか、分からないことが多いですよね。

というわけで今回は・・・

エイプリルフールの由来を紹介!!

と言う内容で書いていこうと思います!

<スポンサードリンク>

エイプリルフールの由来となった有力説たち

aprilfool_calender

エイプリルフールの由来について調べていたら、驚くべきことが発覚しました。

なんと、エイプリルフールの由来は正しく分かっていないのです!

数多くの説があり、どれが正しいのか分からないんです。

ひとつ分かっていることは、エイプリルフールの習慣はかなり昔から存在していた、とうことです。

今回は、中でも有力とされている由来を紹介していきます。

1.嘘の新年

king

昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とするローマ暦が採用されていました。

そのため4月1日に春祭りを開催していました。

しかし、1564年のフランスのシャルル9世が1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用しました。

この暦の変更に人々は反発し、4月1日の春祭りを「嘘の新年」としてバカ騒ぎをしたそうです。

これに怒ったシャルル9世は、「嘘の新年」といってバカ騒ぎをした人々を逮捕し、処刑していきました。

その中には、わずか13歳の少女も含まれていたそうです。

フランスの人々は、この出来事にショックを受けました。

シャルル9世への抗議と絶対に忘れないという意味を込めて、毎年4月1日を「嘘の新年」と決め、バカ騒ぎをして祝いつづけました。

この嘘の新年が、エイプリルフールの由来となったそうです。

ちなみに13歳の少女が処刑されたことから、13年に一度「嘘の嘘の新年」ということも行われていました。

この日は嘘をついてバカ騒ぎせず、「決して嘘をついてはいけない」という日です。

逆エイプリルフールのようなことが昔行われていたんですね!

今ではこの習慣は消えてなくなってしまったようです。

2.揶揄節

taki_syugyou

その昔、インドなど仏教を信仰している地域では、3月25日~31日まで座禅を組んで修行をしていました。

この修行は座禅を組むことで、煩悩を消し去り迷いのない人生を送るためのものでした。

修行が終わる4月1日には、修行の成果が発揮できず「迷い」が心に生まれてしまう人がたくさん出てしまいました。

そのことから4月1日を「揶揄節」と呼び、からかったそうです。

揶揄には、「からかう」や「嫌味を言う」という意味があります。

修行をして失敗した人に対し嫌味を言うことが、いつのまにか嘘をついてからかうものに変わっていき、エイプリルフールの由来になったと言われています。

3.ノアの方舟

fune

皆さんは「ノアの方舟」の話をご存知ですか?

ノアの方舟に動物たちを乗せ、世界の崩壊の危機を乗り切った話です。

実は、ノアの方舟がエイプリルフールの由来とされる説もあるんです。

洪水を乗り切った後ノアは、陸地を探すためにハトを飛ばしました。

しかしハトは陸地を見つけられずにノアの元へ帰ってきてしまいました。

ハトがノアの元へ帰ってきた日は、伝説上4月1日とされています。

ハトが陸地を見つけられず帰ってきたことから、4月1日は無駄なことをさせられる日だと考えられました。

それがいつからか、4月1日は「嘘」という無駄なことをする日とされ、エイプリルフールの由来になったと言われています。

<スポンサードリンク>

4.バカな魚

fishing_boy

フランスでは、4月1日を「Poisson d’Avril(ポワソン・ダブリル)」と呼んでいます。

4月には魚がたくさん釣れるとされていて、釣られる魚に対し「4月の魚」という意味でつけられました。

4月になると良く釣れる魚は「サバ」のことを指します。

すごく良く釣れることから、サバのことを「バカな魚」と呼んでいたそうです。

そして、4月1日にサバを食べさせられた人のことを「バカ」と呼んでからかったそうです。

これが、エイプリルフールの由来と言われています。

ちなみにこの風習は今でも残っていて、子どもたちは友達の背中に、サバの絵をばれないように貼ってからかうそうです。

騙し合うということでは、エイプリルフールと関係していますよね!

また4月の魚に関連して、4月は魚が良く釣れるのに「うお座じゃない!」ということから「4月の魚=嘘」となったという良く分からない由来もあります(笑)

5.逆さまのお祭り

chair_sofa_hitori

古代ローマでは、主人と奴隷の関係がはっきりとしていました。

主人は奴隷を雇い、日常生活の世話をさせていました。

しかし1日だけこの関係が逆さまになるお祭りがあったんです。

そのお祭りでは、主人が奴隷・奴隷が主人、道化師が聖職者・聖職者が道化師にと色々なことが逆さまになりました。

普段なら身分の高い人の座る席に奴隷(FOOL)が座り、主人に対して無礼講を楽しんだそうです。

この逆さまの祭りが4月に開催されていたのかは定かではありませんが、4月1日に開催されエイプリルフールの由来となった可能性はあります。

なんせ全てが逆さまの嘘の日ですからね!

5.次の生贄はお前だ!

aprilfool_woman

どこの国かは分かりませんが、その国にすむとある民族には、ある風習がありました。

その風習とは、「4月1日の午前に女の子を生贄にささげる」というものでした。

そこへ野蛮な風習は良くないという人達が現れ、ある年を最後に中止になりました。

しかし、生贄をささげる風習が中止になったよ、という情報が伝わっていない人もいたそうです。

それを聞いた意地悪な人は、情報を知らない人に「次の生贄はお前だ!」と嘘をついて騙して笑ったそうです。

この行為が面白いとされ、4月1日に嘘をついて人を笑わせるようになったとされています。

最後に・・・

エイプリルフールの由来に関して、「嘘の新年」「4月の魚」「揶揄節」「ノアの方舟」「逆さまのお祭り」「次の生贄はお前だ!」と6つの由来を紹介してきました。

この中で最も有力とされている由来は「嘘の新年」だと言われています。

ちなみに僕は「4月の魚」が有力ではと思っています。

なぜなら、エイプリルフールを直訳すると「4月のバカ」となるからです。

サバを食べてバカとからかわれた人を「エイプリルフール」と呼び、それが世界に広まったのではないかと思っています。

皆さんはどの由来が有力だと思いますか??

最後までお読みいただき、ありがとうございました。