あくびをすると涙がでるのはなぜなのか、理由を調べてみた!!

こんにちは、SHOです。

いつも当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

最近夜の10時になると、眠くなってしまいます。

まだ25歳なんですけどね(笑)

眠くなってくると、あくびが止まらなくなり、涙でぐしょぐしょになってしまいます。

そんな時、昔から「あくびをすると涙が出るのはなぜ」という疑問を持っていたことを思い出しました。

思い立ったが吉日!!

調べてみることにしました。

というわけで今回は・・・

あくびをするとなぜ涙がでるのか

と言う内容で書いていこうと思います。

<スポンサードリンク>

なぜあくびをすると涙が出るのか

このブログでも前に、あくびがうつる理由を解説した記事を書きました。

あくびがうつる原因を知りたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

⇒⇒あくびがうつる理由を簡単に解説してみた!!

では、あくびをすると、なぜ涙が出るのかを紹介したいと思います。

1.涙は常に流れている

まず、知っておいていただきたいのは・・・

眼には涙が常に流れている

ということです。

涙は目じりにある涙腺という場所で作られます。

まばたきをすると、涙腺から眼へと涙が押し出され、眼を常時潤してくれているんです。

だとしたら、あくびをした時と同じように、眼から涙が溢れてくるはずですよね。

でも、全然溢れてきません。

それは、涙が眼がしらに集まって、そこに開いている小さな穴から鼻へと流れていくからなんです。

だから号泣した時などに、鼻水がたくさんでますよね。

どんどん涙が出てくると、眼がしらの小さな穴に入る涙の量も増えます。

すると、鼻水がどんどん出てくることになるんです。

しかし、あくびは泣いたときみたいに涙の量が増えるわけではありませんよね。

なぜ、あくびをすると涙がでてくるのでしょうか。

2.あくびをすると涙が出る理由

皆さんあくびをした時の、自分の顔を思い出してください。

大きく口を開けて、眼を閉じたり、細めたり、背中を伸ばしたりしますよね。

あくびをすると、顔全体の筋肉が連動して動き、筋肉が普段以上に動くことになります。

すると、筋肉が涙が溜まっている涙腺を強く押し付けてしまいます。

その影響を受けて、涙腺から涙が絞り出されてきます。

あくびをした時に涙が出るのは、筋肉が涙腺を刺激しているからだったんです。

じゃあ、あくびをしまくれば、涙が出まくるのでしょうか?

ちょっと自分の体で実験してみました。

<スポンサードリンク>

3.あくびをしまくると涙は出まくるのか?

ものすごい眠たい時に、あくびをしまくって、涙がずっと出るのか実験してみました。

結果は・・・

だんだん涙が出なくなる

最初の3回くらいは、たくさん涙が出てくるのですが、5.6回目になると、涙が少なくなってきます。

これは涙腺に涙がなくなってしまったからだそうです。

涙を作るのが追い付かず、どんどん涙の量が減るようです。

この実験はあまりお勧めしません(笑)

だって、眠たいのを我慢するのは大変だからです。

最後に・・・

今回はあくびをすると、なぜ涙が出るのか、その理由を紹介しました。

くだらない実験の結果も一緒に(笑)

体にはまだまだ不思議なことがたくさんあります。

これからも、面白いことを見つけたら記事にしていこうと思いますので、よろしくお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事も合わせてお読みください。

⇒⇒ほくろがかゆい原因は、メラノーマという病気の可能性あり!!

⇒⇒小さなブツブツがかゆい!!その正体と、原因、対策を紹介!!

⇒⇒立ちくらみの原因から対策方法を考えてみた!!

⇒⇒