アコギ初心者が楽器屋でアコギを買ったから、注意点書いとくね。

こんにちは、SHOです。暑くなったり夜は寒かったりと、ハッキリしない天気が続いておりますが、1つだけハッキリとしていることは、僕がアコギを買ったということですかね。

高校時代にはベースをしていた僕ですが、ジャカジャカ弾きたい欲は消えず、ついにアコギを買ったというわけです。

<スポンサードリンク>

特に大きな理由はない

別段、歌手になりたいとかバンドを組みたいとか、そういった考えは一切ありません。

たまたま家にあったクラシックギターを発見し、手に取りポロポロも指で弾いていたところ、昔のジャカジャカ弾きたい欲が湧き上がりまして、買っちゃったんです。

好きにジャカジャカ弾いて、好きに歌でも作って、好きに楽しく弾くためのアコギというわけですな。

本当に初心者も初心者

ベースは経験あれど、ジャカジャカ弾くタイプは本当に初心者。まだエレキは友達のを触らせてもらったことがありますが、アコギは初めての経験。

その為店員さんに、アコギはどのように選べば良いのかアドバイスをしてもらってから買うことにしました。

まずは形状

  • ドレッドノート
  • フォーク

アコギは大きく分けてボディの形がこの2つに分けることができるとのこと。

引用こちら

ドレッドノートはジャカジャカタイプで、フォークタイプは指弾きに良いタイプだそう。どちらもジャカジャカ弾いたり、指で弾いたりできますが、ただ単に得意分野が違うということなのだという。

両方を弾かせてもらった結果、やはりジャカジャカ弾くタイプがしっくりきた為、ドレッドノートタイプを選択。

<スポンサードリンク>

次に初心者なので3万円台のアコギの中でも有名らしい「YAMAHA」か「James」のどちらかを選ぶことに。

この2ブランドでは音の違いがあるのですが、初心者である僕には高音と低音の出が違ったり、音の響き方の違いがよくわからなかったので、ここもしっくりくる方を選択。

結果「James」に。

店員さんも、ギターによって様々な違いがあるけれども、結果的に自分が弾いてて気持ち良いと感じたものを選ぶべきであると言っていました。

やっぱり何事もフィーリングってのは大切なんですな‼︎ 

僕が今回アコギを買う際に気を付けるべきだと学んだことは、以下の4点。これを覚えておくと初めてアコギを買う時に便利かもしれませんよ!!

  • アコギをどう弾きたいかを考えておく(形状の判断)
  • 音は好みでよろしい
  • 絶対に試し弾きさせてもらうこと(自分に合うかの判断)
  • フィーリングも忘れずに!!

最後に。

アコギを買ったからと言って、弾かなければならないわけではなく、楽しくハマりながら弾いていこうと思ってます。

これからアコギを買いたい人は、店員さんと話しながら、フィーリングで選んでみてはいかがでしょう。

また特に音楽がしたいとかではなく、ちょっと弾いてみたいからノリで買うってのも、アリですから。

では。